Criterionを導入する

機能

LMS(Learning Management System)

Criterion®️では複数クラスの課題の提出管理をすることができます。学習者が提出したエッセイやCriterionによる自動評価は全てサイト上に保存され、教員はいつでもダウンロードすることができます。

Learning Management System

自動採点エンジン「e-rater®️」

Criterion上で学習者が提出したエッセイは、TOEFL iBT®️テストでも採用されている自動採点エンジンe-raterによって自動採点されます。

自動採点ついて

Score Screen 1 Score Screen 2

書き直し(Revise)機能

Revise画面では、Criterionによるフィードバックを見ながら書き直しを行うことができます。書き直してから提出したものは、再びe-raterによってスコア・フィードバックが与えられます。

Revise Screen

課題(Assignments)とトピック(Prompts)

Criterionには400以上のトピック(Prompts)が付属し、オリジナルのトピックも追加してご利用いただくことができます

Topic Categories

コメント(Comments)とダイアログ(Dialogue)

e-raterによるフィードバックとは別に、教員によるコメントを追加することができます。単語ごとに追加するComment機能と、自由に意見をやり取りするDialogue機能があります。

Comments Screen Dialogue Screen

ピア・レビュー(Peer Review)機能

Class内のStudentをさらにグループに分け、Student同士でCommentsやDialogue機能を使用することができます。

Peer Review Screen

ライターズハンドブック(Writer's Handbook)

Writer's Handbookはweb上のライティングの参考書のようなもので、表示中の指摘に関する詳しい解説を学習者に表示します。

Writer's Handbook

レポート機能

AdministratorとInstructorは様々なレポートをCSV形式で出力することができます。データを様々な用途で活用していただくことができます。

Reports

CIEE logo

Copyright© CIEE Japan All Rights Reserved.
当サイトはTOEFLテスト日本事務局を行っている一般社団法人 CIEE国際教育交換協議会が運営しています。
ETS, the ETS logo, TOEFL, TOEFL iBT, TOEFL ITP, PROPELL and CRITERION are registered trademarks of ETS used by CIEE Japan pursuant to license.