ライティング指導を効率的に

Criterion®(クライテリオン)を授業に導入することで、課題管理、採点、フィードバック、ピア学習を効率的に行うことを可能にします。

ライティング専用LMS

LMS: Learning Management System

教員はCriterion上で課題の管理や提出状況の確認を行うことができます。学習者が提出したエッセイはe-rater®によるスコア・エッセイと共に全て保存されます。

Criterionの機能について>>

ETSによる開発

CriterionはTOEFL®️テストで知られる、米国ETS(Educational Testing Service)が開発しました。TOEFLテストの開発で培われたライティング評価のノウハウが生かされています。

自動採点プログラム「e-rater®️

Criterionで提出されたエッセイの採点はTOEFL iBT®️テストの採点でも導入されているe-raterによって数秒で行われます。

自動採点ついて>>

課題として400以上のトピックを利用可

Criterionには課題用に米国の小学生レベルからGREレベルまでのトピックが用意されています。さらにオリジナルの問題を追加することもできます。

課題・トピックついて>>

信頼と実績

Criterionは日本国内100近くの教育機関で利用されています。提出後すぐに返されるスコアとフィードバックが学習者の自律的な学習を促し、これまで添削に追われていた時間を指導に使えるようになります。米国では数々の賞を受賞しています。

Copyright© CIEE Japan All Rights Reserved.

当サイトはTOEFLテスト日本事務局を行っている一般社団法人 CIEE国際教育交換協議会が運営しています。

ETS, TOEFL, TOEFL iBT, TOEFL ITP, PROPELL and CRITERION are registered trademarks of Educational Testing Service (ETS) used by CIEE in Japan pursuant to license.