TOEFL メールマガジン

TOEFL®iBT対策 ミニ百貨 ~受験に関するお役立ち情報を紹介~

バックナンバーはこちら

 

TOEFLテスト日本事務局30周年記念

早いものでTOEFL iBTが日本に導入されて5年が経過します。多くの受験者が、さまざまな勉強方法でこのテストに挑んできたことと思います。そして今も日々新たな挑戦者が生まれ、情報を求め、勉強方法を模索しています。
このコーナーでは、受験に役立つ情報を選りすぐり、その解説や特長をシリーズで紹介します。主にこれからテスト勉強を始めようとする皆様へ受験準備のヒントとなれば幸いです。

第2回 ETS作成「TOEFL® iBT Tips」 General Skill-Building Tips

第1回で紹介した「ETS公認TOEFLテスト教材情報」に続き、今回は米国ETS作成の「TOEFL iBT Tips」を紹介します。この冊子の正式名称は、「TOEFL iBT Tips How to prepare for the TOEFL iBT」とあり、名称どおり、どのようにTOEFL iBTの準備をしたらよいか分からない方にとって、有益な情報に溢れています。

「TOEFL iBT Tips」は、テスト概要、セクション構成・内容の詳細に加え、スキルアップのためのヒントや受験準備に必要な情報などで構成されています。今回は、特にListeningについて抜粋してご紹介します。

① Listening Section構成

TOEFL iBTのListening Sectionは、『講義』と『会話』形式の問題で構成されていて、選択問題や、表を完成させる問題などがあります。『講義』形式の問題の長さは、3-5分(500-800語)あり、1題につき6問あります。また、『会話』形式の問題は、3分ほどの長さで構成され1題につき5問あります。

② Academic Listening Skills

TOEFL iBT Listening Sectionを解くために求められるのは、Academic Listening Skillsです。
大学などのアカデミックな環境では、当然、講義や会話を聴いて、理解できなければなりません。
Academic Listeningには以下の3つの目的があり、TOEFL iBTのListening Sectionでは、その理解度が問われます。

Listening for basic comprehension
(メインアイデアや、重要なポイント、メインアイデアに関連する重要な箇所への理解)
Listening for pragmatic understanding
(話し手の態度や目的を汲み取る)
Connecting and synthesizing information
(情報をつなげる、総合的に扱う)

③ Listening Tips(全文抜粋)

②であげた3つの目的をもった問題を解くためのListening Tipsをご紹介します。
Listening能力を磨くためには、頻繁に英語を聴き、幅広いアカデミックな文章を読むのが一番です。

映画やテレビを見たり、ラジオを聴いたり、講義のCDやテープを聴くのもいいでしょう。特に、スクリプトがあるものがいいでしょう。また、インターネットにもスキルアップに役立つ素晴らしい素材があります。

例)
http://www.npr.org/
http://www.bbc.co.uk/radio/
http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/

その他、Academic Listening の3つの目的を果たすためのTipsは以下の通りです:

Listening for Basic Comprehension
  • ● Increase vocabulary.
  • ● Focus on the content and flow of spoken material. Do not be distracted by the speaker’s style and delivery.
  • ● Anticipate what a person is going to say as a way to stay focused.
  • ● Stay active by asking yourself questions (e.g., What main idea is the professor communicating?).
  • ● Copy the words, “main idea, major points, and important details” on different lines of paper. Listen carefully, and write these down while listening. Continue listening until all important points and details are written down and then review them.
  • ● Listen to a portion of a lecture or talk and create an outline of important points. Use the outline to write a brief summary. Gradually increase the amount of the presentation you use to write the summary.
Listening for Pragmatic Understanding(*10)
  • ● Think about what each speaker hopes to accomplish: What is the purpose of the speech or conversation? Is the speaker apologizing, complaining, or making suggestions?
  • ● Notice each speaker’s style. Is the language formal or casual? How certain does each speaker sound? Is the speaker’s voice calm or emotional? What does the speaker’s tone of voice tell you?
  • ● Notice the speaker’s degree of certainty. How sure is the speaker about the information? Does the speaker’s tone of voice indicate something about his/her degree of certainty?
  • ● Listen for changes in topic or digressions(*11).
  • ● Watch a recorded TV or movie comedy. Pay careful attention to the way stress and intonation patterns are used to convey meaning.
Listening to Connect and Synthesize(*12)Ideas
  • ● Think about how the lecture you’re hearing is organized. Listen for the signal words that indicate the introduction, major steps or ideas, examples, and the conclusion or summary.
  • ● Identify the relationships between ideas. Possible relationships include: cause/effect, compare/contrast, and steps in a process.
  • ● Listen for words that show connections and relationships between ideas.
  • ● Listen to recorded material and stop the recording at various points. Predict what information or idea will be expressed next.
  • ● Create an outline of the information discussed while listening or after listening.

(*10) Pragmatic understanding—To understand a speaker’s purpose, attitude, degree of certainty, etc.

(*11) Digressions—Side comments in which the speaker briefly moves away from the main topic and then returns

(*12) Synthesize—To combine information from two or more sources

※「TOEFL iBT Tips」 P12の一部、P30-31より抜粋

いかがでしたでしょうか。TOEFL iBTの受験対策を考えるうえで、役に立ちましたでしょうか。
上記にあるように、映画やインターネットを利用して聴き取る練習をするのも有効ですし、また、話の大筋を理解し、その目的などを推測する練習や、話がどのように構成されているか聞きながらメモを取る練習など、いろいろと効果的な練習法についてご理解いただけたかと思います。

TOEFL iBT Tipsは、約70ページの小冊子で、今回触れたListening Tipsに加え、他セクションに対しても同様にTipsが掲載されています。これを機にTOEFL iBT受験前に、一度全体を通して読んでみませんか。
こちらから無料でダウンロードいただけます。

▲このページのトップへ戻る▲