TOEFL メールマガジン

俳句で一息 Haiku Time

バックナンバーはこちら

このコーナーでは俳人 灯声こと中村忠男さんに、世界で最も短い詩の形といわれる「俳句」について、日本語・英語のバイリンガルで俳句の魅力・楽しさを解説いただきます。
中村さんは、世界に発信する文化として日本語・英語両方での俳句作りに取り組まれています。季節感あふれる一句と、季語や句への思いがどう英語になっていくのかを是非お楽しみください。

中村 忠男氏

灯声(中村 忠男氏)プロフィール
1950年生 東京大学法学部卒
1972年 日本航空入社
1978年 ジョージタウン大学大学院国際関係修士
2006年~2010年 日航財団常務理事として俳句事業などに携わる
俳誌「春月」同人
国際俳句交流協会(Haiku International Association)会員

寝入るまで子の脇に置く蛍籠

The firefly cage
between my two sons’ pillows
untill they fall asleep

(解説)

長いこと自然の蛍を見たことがありませんが、子供の頃は蛍を捕まえて籠で家に持って帰ったものでした。枕元に置いて光るのを眺めた記憶があります。今はそんなことはできないでしょうが、この句は、いま蛍狩ができればきっと子供もそんなふうにするだろうと、想像しながら作った句です。英訳では two sons と複数ですが、beside にして単数でもいいかもしれません。

▲このページのトップへ戻る▲