TOEFL メールマガジン

俳句で一息 Haiku Time

バックナンバーはこちら

このコーナーでは俳人 灯声こと中村忠男さんに、世界で最も短い詩の形といわれる「俳句」について、日本語・英語のバイリンガルで俳句の魅力・楽しさを解説いただきます。
中村さんは、世界に発信する文化として日本語・英語両方での俳句作りに取り組まれています。季節感あふれる一句と、季語や句への思いがどう英語になっていくのかを是非お楽しみください。

中村 忠男氏

灯声(中村 忠男氏)プロフィール
1950年生 東京大学法学部卒
1972年 日本航空入社
1978年 ジョージタウン大学大学院国際関係修士
2007年~2010年 財団法人日航財団常務理事として俳句事業などに携わる
俳誌「春月」同人
国際俳句交流協会(Haiku International Association)会員

吊り橋を三歩一緒に秋茜

Escort of red dragonflies
only for first several steps
on the shaky suspension bridge

(解説)

吊り橋に赤トンボを配してみました。どんな吊り橋をイメージするかで、思い浮かぶシーンが決まります。英訳には小さくて不安定な吊り橋を想像してもらえるよう、shakyという言葉を入れました。サンフランシスコの巨大なGolden Gate Bridge も吊り橋ですので。徳島の祖谷渓にあるような吊り橋の秋の風景を思い浮かべていただければ、作品としては成功かなと思います。

▲このページのトップへ戻る▲