TOEFL メールマガジン

My Phrase My Word

バックナンバーはこちら

外国に留学すると、学校では習わなかったフレーズや単語を頻繁に耳にすることがあります。最初はわからなくても、日常の会話でその国の人がよく口にするフレーズや単語は、すぐに使い方を覚えられるので、身につくのも早いようです。このコーナーではそんなフレーズや単語を、留学経験者に紹介していただきます。

高木 裕介さん

“Take care”

私は、3年前にオーストラリアのブリスベンとメルボルンに8ヶ月間留学しました。
留学時は、各国の人とルームシェアで楽しく24時間英語で生活していました。そんな生活の中、よく使われていた言葉が“Take care!!”という単語です。意味は、国によって捉え方が違いますが、大抵は「気をつけてね!」という意味になります。この単語は、ルームシェアの友達が出かける時に送り出したり、別れの時などによく使う単語でした。他にも、“See you later”など様々な単語がありますが、私はよくこの単語を使い世界の友達と共に交流を深めていきました。それと、帰国する際に、空港で“Take care of yourself!!”と、たくさんの友達が見送ってくれた、思い出深い単語の一つでもあります。

語学学校の同級生たちと(左から2番目が筆者)

【語学学校の同級生たちと(左から2番目が筆者)】

*寄稿者の主観によるものですのであらかじめご了承ください。

▲このページのトップへ戻る▲