TOEFL メールマガジン

My Phrase My Word

バックナンバーはこちら

外国に留学すると、学校では習わなかったフレーズや単語を頻繁に耳にすることがあります。最初はわからなくても、日常の会話でその国の人がよく口にするフレーズや単語は、すぐに使い方を覚えられるので、身につくのも早いようです。このコーナーではそんなフレーズや単語を、留学経験者に紹介していただきます。

R.M.さん

“ages”

初めてオーストラリアに行ったのは10年前。オーストラリアが大好きになり、いつか必ず戻ると心に誓いました。そして2005年にThe University of New South Wales に1年間交換留学することに! その時、初めてのオーストラリア訪問で出会ったホストファミリーや友達に、5年越しに戻って来ることを報告すると、みんなが言っていたのが "it's been ages!" でした。「久しぶり!」という表現でおなじみの "it’s been a while!" は、Aussieの間では "it’s been ages!" と言うことが多いのです。日本に帰国してから久しぶりにチャットやメールをする時も、まずは "It's been ages. "。 「ずっと話してないよね!」 "We haven't talked to each other for ages!" と、 1年も経っていないのに、" a while " よりもずっと長く感じる " ages " という複数形で大きく表現するあたりが、広い広い心を持つAussieっぽくて、私のお気に入りフレーズのひとつです。

アパート前の芝生の丘からの風景

【アパート前の芝生の丘からの風景】

*寄稿者の主観によるものですのであらかじめご了承ください。

▲このページのトップへ戻る▲