TOEFL Mail Magazine Vol.60
 ホーム > TOEFL®メールマガジン > 第60号 > 達セミに学べ
今号目次
特設インタビュー
達セミに学べ
SELHi校の試行錯誤
HASSHIN!耳より情報
公式サイト お宝発掘隊
For Life-long English
言葉の玉手箱
メッセージ

オフィシャルサイトへ
TOEFLテストトップページ
TOEFLテスト教材ショップ
TOEFL ITP テスト
Criterion

TOEFL WEB MAGAZINEへ

達セミに学べ
英語教育界において、知る人ぞ知る『達セミ』こと「英語教育・達人セミナー」をご存知ですか?「明日の授業に即役立つ」をモットーに、1995年から現在までの12年間、全国津々浦々で開催されているセミナーで、日本全国で英語教育に熱意を持つ先生のGrassroots、Volunteerismを象徴するネットワークとなっています。日本の英語教育をより良くしようという現場の先生方の熱意が形になったこの活動を、リレー形式でご紹介します。英語教育の「達人」を目指す教育者、必見です。

英語教育・達人セミナーの過去・現在・未来〜Part2達セミの合言葉のひとつ、Pay it forward〜
[達セミに学ぶ 英語学習のヒント]バックナンバーはこちら>>

武蔵野東学園 武蔵野東小学校 図子啓子(ずし けいこ)

 世の中を変えるためにはどうすればよいか、という社会科の課題について考えた少年が思いついたアイディアは、1人の人が3人に良いことをする、そしてその3人がそれぞれ他の誰か3人に良いことをする、それがずっと続いていけば、世の中全体が良くなっていく、というもの。これは、映画Pay it Forward(ワーナー・ブラザーズ配給:2000年度作品)の話です。
  恩返し(pay back)をするのではなく、誰か他の人に良いことをして(pay it forward)、その輪を広げていく。教師の仕事もそういうものだと思います。達セミでは、恩師や先輩、後輩、時には生徒や保護者、そして同僚や仲間から学んだことを、達セミフレンズ同士で積極的に共有しています。そこには、講師と参加者の垣根はありません。世代の垣根もありません。お互いのワザやアイディアをシェアして、それぞれの持ち味を生かしながら、それぞれのバージョンアップを目指しています。
  たとえば電子辞書やiPodを活用した指導法も、このPay it forward方式で驚くほど早く、北は北海道から南は沖縄まで広まっています。「黒板とチョークだけを使った授業」からの脱却、デジタル・ネイティブ世代の子どもたちのための授業改革は、意外と早いかも知れません。
  ところで、皆さんにとってPay it forwardのitは、何ですか?

※メルマガ:「英語教育の達人をめざして」


上記は掲載時の情報です。予めご了承ください。 最新情報は関連のウェブページよりご確認ください。
© CIEE, 2007 All Rights Reserved.