TOEFL Mail Magazine Vol.36 CIEEのホームページへ
TOEFLは、エデュケーショナル・テスティング・サービス(ETS)の登録商標です。
特別企画!〜TOEFLテスト40年を振り返って〜

現在220以上の国や地域で年間約80万人が受けているTOEFLテスト。そのスコアは全世界の4,400以上の機関に利用されており、なお増えつつあります。
このたび40周年を迎えたTOEFLテストの歴史を、開発の経緯、データ、当時のエピソードなどを交えながら、シリーズで振り返ってみたいと思います。


TOEFL(Test of English as a Foreign Language)テストは英語を母国語としない人々の英語能力を測る試験として、1963年に開発されました(*1)。

開発にあたり、1962年にNational Council on the Testing of English as a Foreign Languageが作られました。そのメンバーは米国の大学や各種学校で勉強を希望する、英語が母国語でない英語話者の英語能力に関心を持つ30以上の民営団体や政府組織の代表者でした。このTOEFLプログラムは、当初FordやDanforth財団からの補助を受け、Modern Language Associationによって運営されましたが、1965年にはthe College Board®とEducational Testing Service®(ETS®)がそのプログラムの共同責任を引き受けることになりました。この協定のもと、ETSはTOEFL Board(注)の監督でTOEFLプログラムの運営責任を負うこととなったのです(*2)。
当初のTOEFLテストは5つのセクション、200問で構成されたテストでした(*3)。 <次号に続く>

*1 出典: 'TOEFL Test and Score MANUAL' 1983 Edition: ETSより
*2 出典: 'TOEFL Test and Score Data Summary' 2003-2004 Edition; ETSより
*3 出典: 'TOEFL Test and Score MANUAL' 1983 Edition: ETSより


(注)TOEFL Board(旧TOEFL Policy Council)
  15人のメンバーによって構成されており、TOEFLプログラムの方針を決定する。メンバーは大学や大学院などの機関やコミュニティーカレッジ、非営利教育交換組織、そして国際教育に関心のある他の官民の機関などと提携をしている人や、外国語もしくは第二言語としての英語分野の専門家などである。(ETSホームページより引用)

ページトップへ

● 当時の日本
 

TOEFLメールマガジンイメージTOEFLテストが初めて実施された1964年は東京オリンピックの年。
国立競技場、東海道新幹線、東京モノレール、名神高速道路、首都高速道路などが整備され、戦後復興の象徴となりました。

【写真:日本オリンピック委員会(JOC)ホームページより引用】

ページトップへ

● 当時を振り返って
  今回は、1975年から2004年まで長年にわたり広島YMCA(旧TOEFL広島テスト会場)でTOEFLテストのスーパーバイザーを務めていた鶴田マリ(つるだ・まり)先生に当時を振り返っていただきました。

鶴田マリ先生It gives me great pleasure and an honor to write about my memoirs as TOEFL Test Center Supervisor.

I believe it was in 1975, when Educational Testing Service asked Hiroshima International School (HIS) whether they could administer TOEFL. At the time, HIS held its classes in a private Japanese residence and was not able to meet the requirements necessary in administering TOEFL. The principal of HIS came to Hiroshima YMCA to discuss the matter. Another requirement at the time was that the Test Center Supervisor had to be a US citizen and since I was the only full time US citizen employed by Hiroshima YMCA, I was recommended.

In the 60's and 70's, many Japanese began to go to the USA to further their studies and TOEFL scores became a requirement. I believe in those days there were very few TOEFL test centers in Japan and most were related to the US educational institutes. Therefore, it was very rare for a private organization such as the YMCA to be designated as a test center.

When we started to administer the test, the number of test takers were few but as TOEFL became widely known throughout the world as a very reliable English Language test, many educational institutions in Japan, including private prep schools, language schools, and etc., encouraged their students to take TOEFL. In the 80's, the number of test takers increased to over 200 at our test center compared to about 20 when we first started.


【写真:広島YMCAで初めてのTOEFLテストが行われた教会(改修後)。
当時はカーテンを閉め、机を運び込んでの実施。受験者数が増えてから教会は使われなくなったが、騒音がなく試験には最適だったとのこと。】

According to a survey, it was stated that the average test scores of the Japanese test takers was second to the lowest among all the nations. Many educators in Japan felt disappointed, but from my experience, I felt it was natural since most of the test takers' intentions were not to study abroad but rather to assess or measure their English language skills. I believe Japan had the highest TOEFL test taker population.

If and when any problems arose, the supervisor had to contact ETS directly and if it was urgent, international calls had to be made. Due to the time difference, it was very time consuming. Fortunately, I do not recall any major problems at our test center, although I remember calling in the middle of the night occasionally.

As the test takers are the ones whom we must first take into consideration, it is important to take immediate actions if anything occurs. The Hiroshima YMCA is located in the middle of the city, very easily accessible but on the other hand, at times, street noise such as emergency ambulances or loudspeaker cars passing by interfered, which the Associate Supervisors immediately noted it in the irregularity report. After experiencing such unexpected incident, rooms were carefully selected. Also test takers often misunderstood the meaning of presenting identification documents. Some who were not students nor working or did not have a driver's license, often brought their health insurance. In one case, one brought a copy of his family registry.

Another thing I remember is the payment. Honorarium and all other expenses were paid in US dollars. Because the exchange rate varied time to time, sometimes it was not worth cashing the checks. I remember I had kept some checks as a souvenir because it would of cost more to cash them. Probably that was one reason why the supervisor needed to be an American citizen. I did not have a bank account in the US, but fortunately most of the Associate Supervisors did.

It was such a relief when CIEE began to function as TOEFL representative of Japan. I am grateful to CIEE for the efforts put into making TOEFL test administration run smoothly.

Marie S. Tsuruda
Former K212(Hiroshima)
Test Center Supervisor
March, 2005

ページトップへ

  概訳】
 

このたびTOEFLテストセンターのスーパーバイザーとしての思い出をこのように振り返ることができるのを嬉しく、また誇りに思います。
まだTOEFLテストの窓口が日本になかった1975年、ETSがHIS(広島インターナショナルスクール)にTOEFLテストの実施を依頼した際、HISは規定にあったテストセンターを提供できませんでした。そこでHISの校長が広島YMCAに相談をしに来たのです。TOEFLテスト実施にはまた、米国国民のスーパーバイザーも必要であり、当時の広島YMCAで唯一の米国国民であった私が推薦されたのです。
60年代から70年代にかけて、多くの日本人が米国へ留学するようになり、TOEFLスコアも必要になってきました。その当時は日本にテストセンターはほとんどなく、多くはHISのような米国関連の教育機関だったと記憶しています。したがってYMCAのような民間の組織がテストセンターになるケースは非常にまれでした。
広島YMCAでのTOEFLテスト開始当初は、受験者はわずかでしたが、次第に世界で英語能力測定試験として非常に信頼性が高いという認識が高まるにつれ、日本国内の私立学校や語学学校など様々な教育機関も学生にTOEFLテストの受験を勧めるようになりました。テスト開始当初20人だった広島YMCAでの受験者は、80年代には200人を超えるまでになりました。
当時、TOEFLテストの日本の平均点は世界で下から2番目だといわれていました。日本の教育者の多くは失望していたようですが、私の経験ではそれは極めて自然なことだと思います。なぜなら、受験者数において世界で上位である日本のTOEFLテスト受験者のほとんどは、留学のために受験しているのではなく自分の英語能力を測るために受けているからです。
TOEFLテスト実施において問題が起こると、スーパーバイザーはETSに直接連絡をしなければならず、緊急の時に国際電話をしなければならないのは時差のために随分手間のかかることでした。時々真夜中に電話をしなければならないことはありましたが、我々のテストセンターでは幸い主だった問題はありませんでした。
我々は受験者のことを一番に考えなくてはなりませんので、何が起ころうと即座に対応することが重要でした。広島YMCAは市街地に位置しているのでアクセスには便利でしたが、救急車や拡声器を使った宣伝カーなどの騒音がうるさく、私は即座にETS報告のためのirregularity reportに記録しました。このような予期せぬ事態を経験した後には、注意深く教室選択をするようになりました。また、受験者はよく身分証明としてテスト当日に提示しなければいけないID書類を誤解し、学生でなかったり運転免許証がない人の中には、健康保険証や住民票を持ってくる人もいました。
ETSからの謝礼金など全ての支払いは全て米国ドルでした。為替相場は常に変わるので、時には換金する価値がないこともありました。換金する方がかえってお金がかかるために、私は小切手の何枚かは記念に取っておいたことを覚えています。これが、スーパーバイザーが米国国民でなければならなかった理由の一つかも知れません。私は米国の銀行口座を持っていませんでしたが、ほとんどのスーパーバイザーは運良く持っていましたからね。
ですから、CIEEが日本でのTOEFLテストの事務局となったときにはとても安心しました。TOEFLテストの運営を円滑に進めるためのCIEEの努力に感謝しています。

2005年3月
旧K212(広島)テストセンター スーパーバイザー
鶴田 マリ

ページトップへ

上記は掲載時の情報です。予めご了承ください。 最新情報は関連のウェブページよりご確認ください。
©2005, CIEE All Rights Reserved.