TOEFL メールマガジン

俳句で一息 Haiku Time

バックナンバーはこちら

このコーナーでは俳人 灯声こと中村忠男さんに、世界で最も短い詩の形といわれる「俳句」について、日本語・英語のバイリンガルで俳句の魅力・楽しさを解説いただきます。
中村さんは、世界に発信する文化として日本語・英語両方での俳句作りに取り組まれています。季節感あふれる一句と、季語や句への思いがどう英語で俳句になっていくのか、英語俳句の世界を是非お楽しみください。

英語で俳句を担当の中村 忠男氏

灯声(中村 忠男氏)プロフィール
1950年生 東京大学法学部卒
1972年 日本航空入社
1978年 ジョージタウン大学大学院国際関係修士
2006年~2010年 日航財団常務理事として俳句事業などに携わる
俳誌「春月」同人
国際俳句交流協会(Haiku International Association)会員

SLの威張って通る花野かな

A steam locomotive
boastfully goes
through the autumn flower field

(解説)

花野、大花野は秋の季語。コスモスが野原いっぱい咲いている景色にぴったりです。その野原を蒸気機関車SLが通って行く様子を「威張って」と表現してみました。風に吹かれて揺れるコスモスとがっちりしたSLの取り合わせです。SLは和製英語。Steam locomotiveが正しい英語です。

▲このページのトップへ戻る▲