アメリカ・ボランティア

アメリカ・ボランティア

「教師アシスタント」

特徴
・ホームステイ
・小学校で教師体験
・ソルトレイクシティ近郊

よくある質問

申込手続きについて

Q.いつホストスクールやホストファミリーがわかりますか?
夏期など申込が集中する時期には、決定が遅くなる場合があります。遅くともプログラム開始日の3日前までにお渡しします。
Q.英語インタビュー不合格の場合、費用はかかりますか?
英語インタビューが不合格の場合は、申込金を全額返金します。選考結果通知の際に、CIEEより取消書面をご案内しますので、指定された期限までにご提出ください。ご提出後、3週間以内に返金処理をいたします。
Q.申込み後、申込み内容(参加期間など)を変更することはできますか?
全ての申込み手続きを完了した後の変更はできません。いかなる理由でも変更はキャンセルの扱となり、取消料を申し受けます。変更・キャンセルをすることがないよう、プロジェクトの内容やスケジュールをご確認の上、お申込みください。取消しに関する詳細は参加条件書第15条・第16条をご確認ください。

▲上へ戻る▲

プログラムについて

Q.教員免許が必要ですか?また、その他の教育に関する資格が必要ですか?
教員免許などは必要ありません。また、その他専門的な知識や経験も問いません。資格ではなく、参加意欲や明確な志望動機を重視したプログラムです。
Q.全日程参加しなくてはいけませんか?
はい。途中帰国の離団や途中からの参加はできません。 お申込み前に必ずスケジュールを確認してください。
Q.英語力はどのくらい必要でしょうか?
日常会話をスムーズに行える程度の英会話力が必要となります。CIEEからの電話インタビューを受けていただきプログラム参加に十分な英会話力を有して いると判断される必要があります。日常会話力に加え、「積極的に英語を話そうとしているか」「明確な志望動機を持っているか」を確認させていただきます。英語テストのスコアは問いませんが、目安としてTOEFL iBT®61点、TOEIC®テスト 600点以上の参加者が多いです。スコアが満たない方、受験経験がない方でも、もちろんお申込みいただけます。
Q.ユタ州ソルトレイクシティ近郊とはどのような場所ですか?
ソルトレイクシティの中心部から車で30分ほどのサンディ市もしくはその近郊で、アメリカの典型的な郊外都市と言えるでしょう。デパートやレストラン、その他小売店などの商業施設や娯楽施設もあるので、日常生活に不便はありません。 ソルトレイクシティは、アメリカ合衆国ユタ州の州都で州内最大の都市で、ロッキー山脈の西部に位置し、豊かな自然に囲まれながらも、近年は航空機産業やハイテク産業などが移転し、西部高原地域の経済の中心地でもあります。2002年には冬季オリンピックが開催されました。
Q.「教師アシスタント」とは具体的にはどのようなことをするのですか?
授業中教室内を見回り、子どもたちを手助けしたり、質問に答えたりする他、テストの採点、プリント類の配布、教材作りなどもします。アシスタント内容は、担任の先生の授業方法や内容によって大きく異なります。また、参加者の英語力や積極性によってもアシスタント内容が異なります。先生や生徒たちの様子をただ見学するのではなく、積極的に授業に参加してください。重要なのは、高い英語力よりも積極性です。
Q.学校に行くときの服装はどのようなものが良いですか?シャツでなくてはいけませんか?
襟のついたシャツ(季節によっては、上にカーディガン など調節できるもの)、パンツ、ヒールが低めのパンプス(ローファーなど)などが基本です。スーツである必要はありません。あまりにも派手な色、露出度の高いもの(ノースリーブや丈の短いボトムス)、ジーンズは不可です。動きやすく、清潔感があり、カジュアルにならないものを選択してください。服装以外にも、派手なアクセサリー、ネイルアートなどは外してください。特に、爪は活動に支障をきたす場合もありますので期間中は必ず短く整えるようにしてください。また、先生のアシスタントに相応しいよう、身だしなみも整えてください。
Q.体育の授業にも参加しますか?ジャージや上履きなどを持っていった方がいいですか?
体育の授業にも参加しますが、必ずしもジャージ、上履きなどに着(履き)替える必要はありません。動きやすいカジュアル着を持っていくと役に立つでしょう。
Q.平日のランチは自分で買うのですか?学校に、購入できるところはありますか?
ランチは、原則給食を頼んで生徒たちと一緒に食べます(有料)。ランチ代は活動初日あるいは活動月翌月の月初に、現地コーディネーターに支払いますので、ご自身でUSドルを準備しておく必要があります。最終のご案内書類にて、金額と支払方法を案内します。
Q.ホストスクールへはどのように通いますか?
大半の方は徒歩(最大20分程度)あるいはバス(最大40分程度)で通います。稀にホストファミリーが送迎してくれる場合がありますが、その場合、全て甘えるのではなく、気持ちだけでもガソリン代を支払うようにしてください。
Q.ホストファミリーはどんな人たちですか?
サンディ市及びその近郊の落ち着いた地域に住む白人アッパーミドルクラスのファミリーが多いです。ホストファミリーの開拓を担当しているのは、サンディ在住のアメリカ人女性で、本プログラムの現地コーディネーターとして日本人ティーチャーアシスタントの滞在サポートを2010年から行ってくれているベテランです。広告には一切頼らず、担当者の知人を通じてホームステイを開拓しているため、身元が明確で質の高いホームステイを提供しています。日本人の受入れを非常に楽しんでくださっているファミリーが多いので、積極的に日本語や日本文化を紹介してみてください。
Q.休日や空き時間はどう過ごしますか?
学校の休日は基本的には自由行動です。ホストファミリーと外出したりすることもあります。夏はプール、冬は近隣の山でスキーを楽しむことも可能です。夏に参加される方は水着をご用意ください。冬は、スキーが好きな方・挑戦してみたい方は、週末に連れて行ってもらえる可能性がありますので、ホストファミリーに確認を取り、スキーウェアやグローブなどをご用意ください。スキー用具、靴などはレンタルできますが、ウェアはご自身のサイズにあったものを持ってきていただく必要があります。(このエリアではスノーボードではなく、スキーを楽しむ文化のようです)。休日の交通費や交遊費はご自身の負担です(プログラム費用には一切含まれておりません)。

▲上へ戻る▲

渡航準備について

Q.海外旅行保険には必ず加入がしないといけませんか?
CIEE指定の保険にご加入頂くことが参加条件となっています。万一事故等が発生した場合に迅速に情報収集、対応するためですので、ご理解ください。
Q.ビザは必要ですか?
このプログラムは、アメリカへ「観光目的」での入国となります。日本国籍の方は、ESTAの登録が必要となりますので、参加決定後にご自身で申請してください。申請方法は、参加決定通知後にご案内します。尚、日本国籍以外の方は「観光ビザ」の取得が必要な場合がありますので、渡航条件について各自お調べください。
Q.どのようなスケジュールの飛行機を手配すればいいですか?
満席等によりご希望に添えない場合もございますので、詳細は参加決定後にお知らせします。
基本的に出発はプログラム開始日より前、帰国は終了日より後になるので余裕のあるスケジュールでお申込みください。

▲上へ戻る▲