TOEFL iBT 教授法ワークショップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOEFL iBT®テストワークショップとは?

TOEFL®テスト開発・運営元の米国ETSが提供する、米国ETS公認トレーナーによる
英語教員のためのワークショップ

本ワークショップは、TOEFL®テストの開発・運営を行う米国の非営利教育団体Educational Testing Service(ETS)が、世界各国で英語教員の学習指導を支援するために行っているワークショップです。日本では、ETSとTOEFLテスト日本事務局である当協議会が共同で、4技能(Reading、Listening、Speaking、Writing)を測定するTOEFL iBT® テストにおける問題のねらい、採点基準や指導法等についてご理解いただくことを目的とし開催しています。ワークショップは、ETS公認トレーナーにより、ETS作成Kitを使いながらインタラクティブな形式で進められます。

米国ETS公認トレーナー(ETS Authorized Propell Facilitators)

  • 講師名

    五十峰聖先生

    所属

    立命館アジア太平洋大学
  • 講師名

    宇佐美修先生

    所属

    栄光学園中学校・高等学校
  • 講師名

    津田信男先生

    所属

    甲南大学
  • 講師名

    横川綾子先生

    所属

    東京海洋大学

2016年開催スケジュール

2016年は東京、大阪、名古屋、岡山で計5回行います。
これまでに参加されたことがない方は、この機会にぜひご参加ください。
8/25(木):大 阪
8/27(土):東 京
9/10(土):岡 山
9/24(土):名古屋
10/22(土):東 京

対象

英語教員(中学校、高等学校、大学、専門学校、語学学校等)

定員

各30名 (各会場、同じ団体からのご参加は3名様までとさせていただきます)

使用言語

ワークショップは英語で行われます。

参加費

3,000円 (ワークショップ使用ETS作成Kit、昼食代含む)
※お支払は事前振込になります。

開催詳細・申込

申込受付は6月開始予定です。
「申込開始のお知らせ」メール受信を希望される場合は、下記ボタンよりご登録ください。

  • お申込はこちら

過去参加者が有益だと答えたワークショップの内容とは?

  • 採点や評価の体験
  • アクティビティー
  • 他の参加者との情報共有や意見交換
  • Gallery Walkなど

動画で確認!
TOEFL®RESOURCE SERIES FOR TEACHERS

※ETSの公式サイトに移動します。

よくあるご質問

サイトから申し込んだ後の流れを教えてください
お申込後、自動返信メールが送られます。その後、3営業日以内に当協議会よりメール(ctas@cieej.or.jp)で参加費のお支払方法(振込先)をご案内します。お振込の確認が取れましたら、申込受付完了メール送信、またワークショップで使用するETS作成Kitもご指定の住所に送付します。
自動返信・振込案内のメールが届かないのですが
迷惑メールとして認識されている可能性があります。一度、迷惑メールボックスをご確認ください。当協議会からのメールが受信されていない場合は、TOEFL事業部TOEFL iBTテスト教授法ワークショップ担当までご連絡(ctas@cieej.or.jpまたは03-5467-5477)ください。また、今後当協議会からのメールをスムーズに受信いただくためにドメイン「cieej.or.jp」の受信を許可するよう設定をお願いします。
過去に参加したことがあるのですが、参加できますか
できます。ただし、参加費は3,000円となります。
当日の持参物を教えてください
ETS作成Kitと筆記用具をお持ちください。
録画・録音できますか
ご遠慮いただいております。
ワークショップの様子がわかるようなレポートはありますか
TOEFL Web Magazineで紹介しています。ぜひ、ご覧ください。
CIEEレポート

 

お問合せ先

国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部
TOEFL事業部
TOEFL iBTテストワークショップ担当
Email:ctas@cieej.or.jp

close