国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部

CIEEロゴ

2010 CIEE教職員向けイベント 第4弾

国際社会に通じる英語を学生に意識付けることができるか

〜お蔭様で無事終了いたしました。大勢の方々にご参加いただきありがとうございました。〜
終了報告レポートはこちら

国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部では、8月から10月にかけて教職員向けイベントを4回シリーズで開催いたします。第4弾は大学・短大・高校の教職員の方々を対象に、下記の通り報告会を開催いたします。 皆様のご参加をお待ちしております。


【概要】

本セミナーでは「国際化」「国際人養成」をキーワードに、2人の講師の先生をお招きします。
第1部では国際的競争力とりわけ 将来の大学院レベルでの変革を視野に入れつつ、学部レベルからの英語教育改革に現在着手している名古屋大学の上原早苗先生に発表いただきます。名古屋大学では、ETSプロダクツであるTOEFLテストITPやCriterionを、1年生全員に年2回課すなど英語教育に取り入れています。今回はこのような外部ツールを導入する前提としての大学の目指すべき教育や目標、また過去の取り組みから現在に至った経緯、さらには新しい取り組みの結果や効果を中心に発表いただきます。日本再生のために大学が輩出すべき人材育成のヒントが名古屋大学の取り組みに隠されているのではないでしょうか。
第2部では過去ETS(Educational Testing Service)で研究に携わっていた早稲田大学の澤木泰代先生をお招きし、TOEFLテストが測ろうとしている能力や大学の英語教育でTOEFLテストを利用する意味などをご説明頂く予定です。TOEFLテストの特質をより深くご理解頂ける貴重な機会としてご利用ください。
この会が、ご参加いただく皆様と共に国際人育成に関する意見交換のできる場となることを願っています。

  • 日時: 2010年10月9日(土) 14:00〜16:35 (受付開始13:30〜)
  • 会場: 名古屋国際センター 第1研修室
  • 対象: 大学・短大・高校の教職員
  • 定員: 40名
  • 参加費: 無料
  • 申込方法: 申込フォームはこちら *終了いたしました
     *対象者以外の方のお申込みは、お断りさせていただく場合があります。どうぞご了承ください。

【講師 略歴】

名古屋大学大学院 国際言語文化研究科教授
教養教育院アカデミック・イングリッシュ支援部門長 上原早苗先生

上原先生

英国ダラム大学にて修士号、名古屋大学にて博士号を取得
専門はイギリス文学(ヴィクトリア朝小説研究)
2009年よりアカデミック・イングリッシュ支援部門長として名古屋大学の新カリキュラムの導入および実施に関わる。


 

早稲田大学 教育・総合科学学術院 准教授 澤木泰代先生

澤木先生

米国イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校にて修士号、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)にて博士号を取得。専門は応用言語学(言語テスト)。
2003年から2009年まで米国ETS研究開発部にResearch Scientist(常勤研究員)として勤務。2009年4月から現職。英語教育・応用言語学・言語テスト関連の授業を担当する傍ら、現在もTOEFLテストをはじめとする大規模言語テストの妥当性検討を中心に言語テスト研究に携わっている。

【お問合せ先】

国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部 TOEFL事業部
Tel:
03-5467-5477  9:30〜17:30(土日祝休) Email: seminar2010@cieej.or.jp


このウィンドウを閉じる