国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部

CIEEロゴ

2010 CIEE教職員向けイベント 第2弾

教職員海外派遣研修報告会

〜お蔭様で盛況のうちに終了いたしました。ご参加いただきありがとうございました。〜
終了報告レポートはこちら


国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部では、8月から10月にかけて教職員向けイベントを4回シリーズで開催いたします。第2弾は小学校・中学校・高校などの教職員、教育委員会の指導主事の方々を対象に、下記の通り報告会を開催いたします。 皆様のご参加をお待ちしております。


【概要】

グローバル社会における異文化理解の必要性、使える英語の習得の重要性が高まる時代を反映し、学校教育においても、学習指導要領の改訂により、小学校段階での外国語活動の週1コマの導入、中学校における英語の授業時間の増加、高等学校では基本的に英語による授業の実施と改革が進められています。しかし、生活指導、部活、行事に追われ準備もままならない状況に直面している教員の方々も多いのではないでしょうか。
そこで、1968年より教職員海外研修を行っているCIEEは、海外研修になかなか参加できない方、又は参加にご興味のある方を対象とし、実際に参加された教員の方にその体験を通して学んだこと、気づかれたことを報告していただく機会を設けました。
この報告会が、様々な思いやお考えをお持ちの教員の皆様の交流の場となり、有意義な情報収集の場となることを切に願っております。

  • 日時: 2010年8月29日(日) 14:00〜16:00
  • 会場: 京都市国際交流会館3階 第3会議室
  • 対象: 小学校・中学校・高等学校・特別支援学校・高等専門学校・専修学校の現・退職教職員、講師、     教育委員会の指導主事
  • 定員: 20名
  • 参加費: 無料
  • 申込方法: 申込フォームはこちら *終了いたしました

【研修参加者による体験談】  スクール・インターンコース(アメリカ)、イーストアングリア大学コース(イギリス)を予定

●スクール・インターンコース (アメリカでの指導体験)

スクール・インターンソルトレイクシティー郊外、サンディーの小学校で、クラス担任(ホストティーチャー)の授業、生徒指導、クラスルーム運営の補佐を、2週間行った体験を報告いただきます。本コースは、アメリカの教育現場を体験し、日本に関心を抱いている小学生に、日本を伝える親善大使の役割を果たすのみならず、ホストティーチャーと連携し、子供たちが楽しみながら学べる授業の創造を目指した教科指導を主体的に取り組む、という新たな可能性へのチャレンジの機会となります。昨年、ご参加いただいた現職の先生より、当時の写真なども交え発表いただきます。

 

●イーストアングリア大学(イギリスでの英語教授法の理論と実践の習得)

イーストアングリア大学児童英語教育(Teaching Young Learners)の本場イギリスにて、英語を第1言語としない生活環境において子ども達が英語に親しむためにはどう指導すれば良いか、ゲーム、絵本、歌など効果的に活用するための活動分析、動機付けの工夫など理論と実践を体系的に学んだ成果や、帰国後授業でどのように役立てているかなどを報告いただきます。本コースに一昨年にご参加いただいた現職の先生より、イギリス事情についても当時の写真を交え発表いただきます。

 

【お問合せ先】

国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部 国際教育室
Tel:
03-5467-5504  9:30〜17:30(土日祝休) Email: teacher@cieej.or.jp

このウィンドウを閉じる