国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部

CIEEロゴ

2010 CIEE教職員向けイベント 第1弾

国際社会に通じる英語を学生に意識付けることができるか

〜お蔭様で無事終了いたしました。大勢の方々にご参加いただきありがとうございました。〜
終了報告レポートはこちら

国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部では、8月から10月にかけて教職員向けイベントを4回シリーズで開催いたします。第1弾は大学・短大・高校の教職員の方々を対象に、下記の通りセミナーを開催いたします。 皆様のご参加をお待ちしております。


【概要】

今の社会、「国際化」という言葉がある意味で「氾濫」しています。大学でもその使命の一つとして「国際化」「国際人養成」がキーワードとしてホームページや大学案内に記されています。
ではそのための取り組みはどのようにしたら良いか、実際にどのようなことを大学では行っているのでしょうか。
今回のセミナーでは、大学3年次進級までにTOEFLテストITP 500点を達成基準とし、様々な取り組みを行っている横浜市立大学からプラクティカル・イングリッシュ・センター長のカール・マクガリー先生と、国際社会において必要不可欠である英語のライティング力の向上を目指して、オンライン指導ツールCriterionを活用し、実績を上げられている早稲田大学商学学術院の鈴木利彦先生から事例発表をしていただきます。 (*マクガリー先生は英語での発表となります。)
多くの大学で、外部試験や指導ツールが使われる中、その利用方法を見直し、よりよい活用方法を再度考えるよい機会になれば幸いです。
 *TOEFLテストITP・・・詳細はこちら
 *Criterion・・・詳細はこちら

  • 日時: 2010年8月2日(月) 14:00〜16:30 (受付開始13:30〜)
  • 会場: 東京・青山 こどもの城 8階802〜4
  • 対象: 大学・短大・高校の教職員
  • 定員: 80名
  • 参加費: 無料
  • 申込方法: 申込フォームはこちら *終了いたしました
    *対象者以外の方のお申込みは、お断りさせていただく場合があります。どうぞご了承ください。

【講師 略歴】

横浜市立大学 プラクティカル・イングリッシュ・センター長 カール・マクガリー先生

マクガリー先生横浜市立大学 国際総合科学部教授 プラクティカル・イングリッシュ・センター長
英会話学校で英語教育を始め、日本国内でM.A.、Ph.D.を取得。
東京YMCA、洗足学園短期大学、横浜国立大学を経て現職。
TOEFLテストに関するリサーチや英語教育への活用に深く携わる一方で、米国ETSのTOEFL PBTスーパーバイザーも務める。6月からはTOEFL iBTのスーパーバイザーに。
日本在住25年。

 

早稲田大学 商学学術院 鈴木利彦先生

鈴木利彦先生早稲田大学商学学術院准教授
早稲田大学教育学部英語英文学科卒業後、英国ランカスター大学にてM.A.、Ph.D.を取得。
小・中・高等学校英語教諭、上智大学一般外国語教育センター嘱託講師などを歴任後、2008年に早稲田大学商学学術院専任講師に就任し2010年より現職。
専門は言語学(語用論)、英語教育。
NHKラジオ第二放送講師(「英語ものしり倶楽部」内、「おとなのためのGrammar講座」2009.7-9、2010.7-9(再放送)担当)、上智大学国際言語情報研究所客員研究員。

【お問合せ先】

国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部 国際交流促進部
Tel:
03-5467-5571  9:30〜17:30(土日祝休) Email: seminar2010@cieej.or.jp

このウィンドウを閉じる