達セミに学ぶ 英語学習のヒント

全国の熱血教師による授業に学ぶ英語学習方法伝授

国際教養大学/内田浩樹先生
  • 国際教養大学
  • 内田浩樹先生
今回のヒント
タウンページで電話番号を探すように読もう

リーディングには2通りある

目の前にタウンページがあったとしましょう。それを30分ほど見た後で、「○○町のフローラという名前の花屋さんの電話番号は何番?」と尋ねられて答えられる人はほとんどいないでしょう。それは、タウンページを見ていた時の読み方が、スキミングだったからです。逆に「○○町のフローラの電話番号を探して」と頼まれたら、おそらくは1分もかからないで見つけることができるでしょう。あらかじめ見つけ出すべき情報がはっきりわかっているときは、読み方はスキャニングになります。

スキミング(skimming)

煮物をしているときに、浮いてきた灰汁(あく)をすくい取ります。これがskimのイメージです。そこから「表面をさっとすくうように読む」という意味が派生しました。つまり、だいたいのことをさっと読むのがスキミングです。ですから、細かいところまでは読み取りません。花屋さんの電話番号を思い出せないのは当然のことなのです。

スキャニング(scanning)

scanが意味するとおり、特定の情報を探しながら読むのがスキャニングです。30分間スキミングしても記憶に残らなかった花屋さんの電話番号を1分足らずで探し当てることができるのは、あらかじめ探さなければならない情報をしっかり意識して読むからなのです。このことからもわかるとおり、スキミングよりは、スキャニングの方が楽な読み方なのです。

すべてのリーディングをスキャニングに!

リーディングが苦手な方は、スキャニングで読むようにすれば良さそうです。でも、初めて読む英文は、スキミングしてだいたいの内容を把握するしかありません。そこで、初めて読む文章でもスキャニングになるような工夫をすることが必要になります。

次の英文を読むことにしましょう。

Youth at Risk of Hearing Loss

The World Health Organization estimates more than 1 billion young people are at risk for losing their hearing. The cause: listening to audio devices or going to concerts and bars for too long with decibels at unsafe levels. The WHO recommends limiting the amount of time you listen to music to about one hour a day and not spending more than eight hours at events above 85 decibels to avoid permanent hearing damage. Most concerts hit more than 100 decibels.

CNN english express 2015年6月号(朝日出版社)より

タイトルから内容を予測する

この文章のタイトルに「若者に聴力障害の危険性が」とあります。タイトルを読まない人は少ないでしょうけれど、しっかり意識して読み、内容を予測することが大切です。たとえば・・・

  • なぜ若者に「だけ」聴力を失う危険性があるのか?
  • 聴力に影響を与えるものは? → 大きな音、騒音
  • 若者が特有の騒音を浴びる機会は? → MP3プレーヤー(ヘッドフォン)、ライブ・・・

このように考えて、内容の予測を立ててから読み始めます。「自分が予測したことが書いてあるかな?」と確認するために読むことはすでにスキャニングなのです。また、予測のすべてを読む前にする必要はありません。途中まで読んで、続きの予想を立てることも効果的です。「聴力低下の危険性を避けるためにはどうしたらいいか?」などと自問自答していくのです。予想がまったく外れることもありますが、同様に自問自答を繰り返して軌道修正しながら読み進めます。

目的をはっきり持って読むのがスキャニング

リーディングが得意な人は、リーディングをスキャニングに変えて読む作業を無意識にやっているものです。リーディングに苦手意識のある方は、「予測することでリーディングをスキャニングに変える」のだということを常に意識するように心がけてください。

英語能力テスト対策で、英文を読む前に設問を先に読もうといったようなテクニックがよく紹介されますが、これも同じ原理です。先に設問を読むことで「何を読み取る必要があるのか」をはっきりさせ、リーディングをスキミングからスキャニングに置き換えているということです。実際の試験では、設問を読んで英文に戻る時間はなかなかありませんから、設問先読みのテクニックは実践的ではないかもしれません。そういう場合は、ご提案した自問自答式の方法で、リーディングのスキャニング化を図るようにするのが効果的でしょう。

自問自答のスキャニング化のトレーニング

短い英文で練習を重ねましょう。教材の一例として、例題でも使用したCNN English express(朝日出版社)があります。短い報道記事がたくさん収録されていますし、記事の音声CDも付属しているので、総合的な学習に活用すると良いでしょう。

 

【参考サイト】
CNN english express(朝日出版社)

【参考文献】
○『部品で覚える入試重要2300語 つむぐ英単語 』河合出版/内田浩樹(著)

○『英単語メモリー』(2011)Jリサーチ出版/内田浩樹(著)

国際教養大学・内田浩樹教授のライブ授業シリーズPart 7『Learn to Write before You Write “日本語を見つめて書ける英作文”』(ジャパンライム)

達人セミナーについて
  • 英語教育・達人セミナーについて
  • 英語教育の情報交換のためのネットワークです。
    達人セミナーをはじめとするさまざまな研修会や英語教育についての情報を交換する場所です。
    ※最新のスケジュール等は毎週火曜日発行のメールマガジンでも情報を配信しています。
    メールマガジンを見る >>
    スケジュールを見る >>
上記は掲載時の情報です。予めご了承ください。最新情報は関連のWebページよりご確認ください。