TOEFL ITP® テスト受験者の声

受験経験者による体験レポート。ワンポイントアドバイスも!

  • S.Nさん
    横浜国立大学

  • 【TOEFL ITPテストスコア】(*)
    2019年4月 <Level.1>457
    (Listening:46、Structure/Written Expression:45、Reading:46)
    2020年2月 <Level.1>493
    (Listening:48、Structure/Written Expression:51、Reading:49)
    スコア36上昇

 

“大学受験での英語とは違って日常的な文章の割合が多いので、解いていて楽しく刺激的だった”

受験目的

大学で受験必須だったのもありますが、現在の自分の英語力を知るため、また、今後の目標を設定するために受験することにしました。高校生の時は授業がほぼ毎日あり、英単語テストがあったため、英語を勉強することは義務でした。大学生になってからは英語の勉強の時間がかなりなくなりましたが、英文学に興味を持ち、原文のまま読んだり、英語のスピーチ動画を観たりするなど、自分から英語に触れていく機会が増えました。そのため、約1年でどの程度自分が英語を受容できるようになっているのかを知りたくなり、TOEFL ITP®テストを受験することにしました。

受験時の英語力

Listeningは、速すぎなければある程度聞き取りはできましたが、理解が追いつかないこともあり、長い会話になると難しかったです。次にReadingについてです。単語力は普通に文章を読むのなら問題なく読める程度はありました。知らない単語があった場合も、文章から意味を推測してある程度は理解できました。

受験時の課題

特に苦手なのは聞き取りでした。文章の認識はできましたが、意味の理解に時間がかかりました。そのため、ある程度長い会話文や文章の読み上げではかなり苦労しました。1回文章を聞いて、脳内で文章を描いて整理して、意味を考えて…という、3つの行程が速やかにできなかったことが原因だと思います。聞きながらメモを取ることもやってみましたが、聞くことに集中した方が私にとってはやりやすいと思いました。

受験対策

受験のための特別な対策としては、公式問題集のTOEFL ITP®テスト 公式テスト問題&学習ガイドをまず解きました。テストの全体像を知ってから、項目ごとに勉強をしました。ListeningとReadingは時間内に解き終わることができなかったため、時間感覚を、問題を解きながら把握していきました。あまり速すぎても解答の精度が下がってしまいますが、遅すぎると解けない問題が増えてしまうので、そこの調整は慎重に行いました。公式問題集には、テスト特有の問題の紹介等があり、かなり役に立ちました。

受験後の感想

1年前に受験した時よりも、だいぶ精神的に落ち着いて解けました。知らない単語があっても落ち着いて対処できるようになると、苦手だったReadingとListeningがかなり解けるようになり、楽しく受験できたと思います。
課題としては特にListeningの長文がうまく解けず、対策の効果が小さかったので、他の勉強方法を試し、次回は上達した成果を感じることができたらいいな、と思います。

メッセージ

大学受験での英語とは違って日常的な文章の割合が多いため、私にとっては解いていて楽しく刺激的でした。アドバイスとしては、肩の力を抜いて取り組むことで、パニックになることなく解くことができます。ただし油断をしないことが大事です。先に述べた通り、大学受験の英語とは問題のタイプが異なるため、「受験の時勉強していたから余裕」という考え方でいると思う結果は得られません。また、テスト時間が比較的長いため、集中力を持続させる必要があります。頑張ってください!

 

(*)①TOEFL ITP® テストは、マークシートを使った多肢選択式のテストで、Level 1、Level 2の2つのレベルがあります。問題の内容はすべてアカデミックコンテンツ(学校で学ぶ際に出てくる内容やトピック)で構成されており、Level 1、Level 2とも3つのセクションに分かれています。
・Level 1(Listening Comprehension、Structure and Written Expression、Reading Comprehension)
・Level 2(Listening Comprehension、Structure and Written Expression、Reading and Vocabulary)
②TOEFL ITPテストスコアは、各セクションの素点(=正当数)を換算表(非公開)で換算し、そのスコアの合計を10倍して3で割り、四捨五入して計算されたものが合計得点となっています。
詳細はTOEFL ITPテストWebサイト「テストの構成」をご確認ください。

 

  • TOEFL ITP®テストとは
  • TOEFL ITPテストプログラムは、学校・企業等で実施いただける団体向けTOEFL®テストプログラムです。団体の都合に合わせて試験日、会場の設定を行うことができます。
    ※TOEFL ITPテストは団体対象のテストプログラムのため、個人または個人の集まりでのお申込・受験はできません

    https://www.toefl-ibt.jp/toefl-itp/
TOEFL ITPテスト公式教材
  • TOEFL ITP®テスト公式教材
  • TOEFL ITPテスト公式教材とは、TOEFL ITPテスト作成・実施団体であるETSがTOEFL ITPテスト受験を目指す皆さまのために制作しているテキストや問題集などの受験準備用教材のことです。これから参考書を探す方も、仕上げの問題集を探している方も、是非TOEFL ITPテスト受験に備えて公式教材をご利用ください。

 

関連コンテンツ

TOEFL ITPテスト受験者の皆様へ
  • TOEFL ITP®テスト受験者の方へ
  • TOEFL ITPテストの内容やサンプル問題など、受験に役立つ情報をご紹介しています。受験者の方はぜひご覧ください。

TOEFL ITP®テスト(団体向けTOEFL®テストプログラム) 概要

このビデオでは、TOEFL ITPテストの概要について説明いたします。

上記は掲載時の情報です。予めご了承ください。最新情報は関連のWebページよりご確認ください。

ETS公認トレーナーに聞いてみよう!TOEFL ITPテストFAQ

ETS公認トレーナーが解決!TOEFL® テスト質問箱