homage

 

To pay homage to Albert for all that he had sacrificed, Albrecht carefully drew his brother’s abused hands.
(アルベルトが犠牲にしたすべてのことに対し敬意を払うために、アルブレヒトは弟の酷使された両手を入念に描いた。)

 


(『TOEFL® TEST スピーキング英単語』 p.35 Unit2 Lecture1 Original⑦)

 

ワンポイント解説

homageは「(深い)敬意」という意味の名詞で、pay homage to A「Aに敬意を払う」(= pay respect to A)という形でよく用いられます。フランス語のhommage(オマージュ)に由来する語で、日本語でも芸術などの分野で「彼の新作は黒澤作品へのオマージュである」といった表現をよく耳にしますね。また最近では、homageの類義語であるrespectも「リスペクト(する)」というカタカナ語として広く用いられているようです。

【例1】
Good directors usually pay homage to films that are considered master pieces.
「優れた監督は傑作と称される映画作品に深い敬意を払うものだ」

例文はGood directors usually pay respect to films …と書き換えられますが、homageを用いたほうがずっと格式高く聞こえます。
pay homageという表現を用いたことわざに、次のようなものがあります。

【例2】
Hypocrisy is the homage vice pays to virtue.
「偽善とは、悪が善に対して払う敬意である」

これは、フランソワ・ド・ラ・ロシュフコーという17世紀のフランスの文学者の言葉です。hypocrisy(偽善)とは、本来は悪(vice)である者が善(virtue)を装うことですが、それはつまり、悪が善を認めていて、「表向きは善のように見られたい」と思うからですね。したがって、「悪が善を装う行為は、それ自体善に対する敬意(homage)の表れだ」というわけです。

TOEFL® TEST スピーキング英単語』のUnit2では画家のアルブレヒトが、自分の代わりに弟が被った苦しみに対して敬意を表し(pay homage)、その傷ついた手を描く…というエピソードが紹介されています。アルブレヒトの行為は、もちろん「偽善」ではなかったにせよ、彼が弟に対して少なからずの罪悪感を抱いていたことは確かなのではないでしょうか。

 

確認問題でチェック!

日本文の意味に合うように[  ]内の語句を並べ替えて英文を完成させましょう。

Once inside the temple, visitors [their / respectful / low / homage / paid / by] voices.

(寺の中に入ると、訪問者は敬意を表すために声を小さくした。)

 

 

※本コーナーは『TOEFL® TEST スピーキング英単語』からアカデミックな場面でよく使われる英単語を紹介しています。TOEFL® テストの対策にご活用ください。
※本コーナーは『TOEFL® TEST スピーキング英単語』の編集チームが監修しています。
※本コーナーの更新情報は、新着情報メール(その都度)とLINE@(月2回)にてお知らせしています。ぜひ、ご登録ください。
LINE@はこちら
新着情報メールはこちら

TOEFL® TEST スピーキング英単語
  • TOEFL® TEST スピーキング英単語
  • 五十峰 聖・宇佐美 修 (著)
    TOEFLテスト開発・運営元である米国Educational Testing Service(ETS)公認トレーナーの講師陣が監修した英語学習の新定番!

 

上記は掲載時の情報です。予めご了承ください。最新情報は関連のWebページよりご確認ください。

 

ETS公認トレーナーが解決!TOEFL® テスト質問箱

 ETS公認ガイドTOEFL iBT(R) (第4版) CD-ROM版

TOEFL iBTテストオンライン模試 TOEFL iBT Complete Practice Test

TOEFL Online Prep Course (TOEFL iBTテスト対応)

TOEFLテスト公式教材ショップブログ