今回の質問

TOEFL全般 公式教材の活用法

過去問題を解いた後の復習方法を教えてください

過去問題を解いた後の復習方法がよく分かりません。ただ解くだけにしないコツはありますか。

ETS公認トレーナーからのアドバイス

TOEFL® テスト開発・運営団体である米国非営利教育団体Educational Testing Service(ETS)の公認トレーナーとして活躍されている3名の先生方に、読者の皆様からよくいただくTOEFLテストや英語学習に関する疑問質問にお答えいただきました。

自分で解答の解説を書いてみる
神戸女学院大学 田岡千明先生

ReadingやListeningに関しては問題を解いた後、できるだけ正確に単語や構文を把握して意味内容と解答の根拠を確認しておきます。特に重要と思うところ、間違ったところはノートなど記録に残しておきましょう。そして2週間~1か月ほど時間をおいて再び同じ問題(間違ったところ)を解き、著者になったつもりで解答の解説を書いてみます。面倒でなければ(カリスマ?)講師になったつもりでICレコーダーにレクチャーしても良いでしょう。正答だけでなく誤答の理由も言えるように。詰まるようなら理解が十分でない証拠なのでもう一度自分のノートを見直すなり先生に質問してみましょう。

アンサーキーや解説を活用しましょう
甲南大学 津田信男先生

ETS公認ガイドTOEFL iBT® (第4版) CD-ROM版(日本語解説付き)を使用されるとアンサーキーや解説が付いていますので、自分の間違ったところを見直すことができます。例えば、Writing task 1のエッセイを書いた後、Important pointsを見ると3つの重要なポイントを抑えている必要があるのに気づくでしょう。そして今度は同じ問題をもう一度やって見て、sample essayと比較するとどれだけ満点に近づけたか分かると思います。

解答プロセスをなぞり、英語そのものをインストールする
明治大学 横川綾子先生

まずは、「なぜその正解に至るのか」を突き止め、解答プロセスを何度もなぞり、身体に覚え込ませます。本文での表現と、正解の選択肢の言い換えパターンにも慣れていきましょう。次に、英語そのものを身体に取り込んでください。Readingのパッセージは精読を繰り返し、単語に文脈ごと何度も再会してください。Listeningのスクリプトも、音読や音声を止めながらのリピーティングで、自分で再現できるようになりましょう。

 

カテゴリー:TOEFLテスト全般ReadingListeningSpeakingWriting英語学習留学公式教材の活用法バックナンバー

ETS公認トレーナーに直接訊こう!

質問、感想などコメントを受付ています。
(いただいた質問やコメントに関しては今後の連載を通して答えていくので了承ください)

今回解決してくれたETS公認トレーナー

田岡 千明先生
  • 田岡千明先生
  • ETS Authorized Propell Facilitator
  • 神戸女学院大学 共通英語教育研究センター専任講師
  • プロフィールはこちら
津田 信男先生
  • 津田信男先生
  • ETS Authorized Propell Facilitator
  • 甲南大学 国際言語文化センター所長 教授
  • プロフィールはこちら
横川 綾子先生
  • 横川綾子先生
  • ETS Authorized Propell Facilitator
  • 明治大学 国際連携機構 特任准教授
  • プロフィールはこちら
※本コーナーの更新情報は、新着情報メールとLINE@にてお知らせしています。ぜひ、ご登録ください。
LINE@はこちら
新着情報メールはこちら
上記は掲載時の情報です。予めご了承ください。最新情報は関連のWebページよりご確認ください。

 

TOEFL® TESTスピーキング英単語 ワンポイント講義

ETS公認ガイドTOEFL iBT(R) (第4版) CD-ROM版

TOEFL iBT®テストオンライン模試 TOEFL iBT® Complete Practice Test(Authorization Code)

個別学習方針付オンライン学習プログラム TOEFL® Online Prep Course (TOEFL iBT®テスト対応)

TOEFLテスト公式教材ショップブログ