今回の質問

TOEFLテスト全般

できるだけお金をかけずに、TOEFL iBT® テストの勉強をする方法はありますか―その2―

TOEFL iBT® テスト対策のために塾に行ったり、マンツーマンでの指導を受けたいとは思っていますが、金銭的に余裕がありません。できるだけお金をかけずに、TOEFL iBTテストの勉強をする方法はありますか。

※―その1―は第34回をご覧ください。

ETS公認トレーナーからのアドバイス

TOEFL® テスト開発・運営団体である米国非営利教育団体Educational Testing Service(ETS)の公認トレーナーとして活躍されている2名の先生方に、読者の皆様からよくいただくTOEFLテストや英語学習に関する疑問質問にお答えいただきました。

無料・貸し出し教材で対応を
立命館アジア太平洋大学 五十峰聖先生

無理に高額な指導を受ける必要はありません。まずは無料で正しい試験知識と、参考になる勉強方法をリサーチすることが重要です。TOEFL® Web magazineには試験対策方法はもちろん、たくさんの留学経験者や教育現場にいる先生方のおすすめ勉強方法が載っています。またETS公式チャンネルのTOEFL® TVは、例題なども含めて丁寧に解説してくれます。公式問題集なども学校の図書館に置いてあるところも多いので、チェックしてみましょう。またSpeakingやWritingの添削指導でも、英語学習のコミュニティなどのようなWeb上で気軽にチェックを引き受けてくれる人もいますし、学校の先生にお願いできる場合もあります。

デジタルとアナログをうまく活用しよう
神戸女学院大学 田岡千明先生

デジタルの素材という点では、まずはTOEFLテストの公式サイトに載っている無料の教材やアドバイスでテストについての知識とコツなどを学ぶことができます。特に無料オンライン対策講座(MOOC)「TOEFL® Test Preparation:The Insider's Guide」は好評です。公式以外だと、良し悪しはありますが、essayのサンプルなどもWeb上でたくさん出ていますので、読んで書き方や表現を学ぶこともできます。YoutubeではSpeakingのsampleもあります。あくまでも例として学べそうなところを取捨選択して活用しましょう。アナログとしては、同じ勉強仲間をつくる、英語が得意な友達や先輩に聞いてみる、色々な先生に少しずつ質問してみる、Language exchange(ネイティブとお互いの言語を教え合う)を活用するなど方法は色々あります。

 

カテゴリー:TOEFLテスト全般ReadingListeningSpeakingWriting英語学習留学公式教材の活用法バックナンバー

ETS公認トレーナーに直接訊こう!

質問、感想などコメントを受付ています。
(いただいた質問やコメントに関しては今後の連載を通して答えていくので了承ください)

今回解決してくれたETS公認トレーナー

五十峰聖先生
  • 五十峰聖先生
  • ETS Authorized Propell Facilitator
  • 立命館アジア太平洋大学(APU) 教育開発・学修支援センター 准教授
  • プロフィールはこちら
田岡 千明先生
  • 田岡千明先生
  • ETS Authorized Propell Facilitator
  • 神戸女学院大学 共通英語教育研究センター専任講師
  • プロフィールはこちら
※本コーナーの更新情報は、新着情報メールとLINE@にてお知らせしています。ぜひ、ご登録ください。
LINE@はこちら
新着情報メールはこちら
上記は掲載時の情報です。予めご了承ください。最新情報は関連のWebページよりご確認ください。

 

TOEFL® TESTスピーキング英単語 ワンポイント講義

ETS公認ガイドTOEFL iBT(R) (第4版) CD-ROM版

TOEFL iBT®テストオンライン模試 TOEFL iBT® Complete Practice Test(Authorization Code)

個別学習方針付オンライン学習プログラム TOEFL® Online Prep Course (TOEFL iBT®テスト対応)

TOEFLテスト公式教材ショップブログ