今回の質問

reading

英文読解力と速読力が身に付く勉強法が知りたいです

Readingセクションのスコアアップのために、英文読解力と速読力が身に付く勉強法が知りたいです。

ETS公認トレーナーからのアドバイス

TOEFL® テスト開発・運営団体である米国非営利教育団体Educational Testing Service(ETS)の公認トレーナーとして活躍されている3名の先生方に、読者の皆様からよくいただくTOEFLテストや英語学習に関する疑問質問にお答えいただきました。

「スラッシュReading」と「シンクロReading」がおすすめ
立命館アジア太平洋大学 五十峰聖先生

2つの方法を提案します。1つ目はスラッシュReadingです。センテンスの中で、ある程度のchunk(チャンク=塊)ごとにスラッシュ(/)を入れ、その塊で読む・理解する方法です。単語1つ1つをなぞる読み方ではなく、チャンク全体で捉えるようになるので読解力が上がります。

2つ目の方法はシンクロReadingです。これはListeningで行う練習ですが、速読力にも繋がります。音声を流しながら、同時にスクリプトを音読する方法です。音声のスピードについていかなくてはいけないので、かなり文章を読み進めるスピードが向上します。ぜひ2つとも試してみてください。

「intensive(精読)」と「extensive(多読)」の両方のアプローチで
神戸女学院大学 田岡千明先生

読解力アップには、構文や単語の意味を把握して、「きっちり」読む精読がおすすめです。自分で単語を調べ、英文の構造を確認しながら、内容も読み取ります。題材は難易度高めの、負荷の高い文章を。反対に速読力アップには、詳細にはこだわらず、スピードを意識してできるだけ量を読むように心がけましょう。題材には、単語を調べなくてもよい自分にとって少し易しめの文章で、問題の付いたものを利用してください。

速読で大事なことは目標を設定すること
甲南大学 津田信男先生

Timed Readings Plusという本をおすすめします。この本は速読用で、Amazonで購入できます。速読で大事なのは目標を設定することです。日本人の平均は1分間100ワード前後ですので、1分間200ワードで70%正解という目標を設定してください。また、速読するのに大事なのはComfort zoneにいないことです。つまり、いつも読んでいるより、少し速めに読むことです。和訳したり、音読したり、ペンなどでなぞりながら読まないでください。このようなやり方で読むと速く読めません。

 

カテゴリー:TOEFLテスト全般ReadingListeningSpeakingWriting英語学習留学公式教材の活用法バックナンバー

ETS公認トレーナーに直接訊こう!
TOEFLテスト、英語学習の疑問質問を受付中!
(いただいた質問やコメントに関しては今後の連載を通して答えていきますので了承ください)

今回解決してくれたETS公認トレーナー

五十峰 聖先生
  • 五十峰聖先生
  • ETS Authorized Propell Facilitator
  • 立命館アジア太平洋大学(APU) 教育開発・学修支援センター 准教授
  • プロフィールはこちら
田岡 千明先生
  • 田岡千明先生
  • ETS Authorized Propell Facilitator
  • 神戸女学院大学 共通英語教育研究センター専任講師
  • プロフィールはこちら
津田 信男先生
  • 津田信男先生
  • ETS Authorized Propell Facilitator
  • 甲南大学 国際言語文化センター所長 教授
  • プロフィールはこちら
※本コーナーの更新情報は、新着情報メールとLINE@にてお知らせしています。ぜひ、ご登録ください。
LINE@はこちら
新着情報メールはこちら
上記は掲載時の情報です。予めご了承ください。最新情報は関連のWebページよりご確認ください。

 

TOEFL® TESTスピーキング英単語 ワンポイント講義

ETS公認ガイドTOEFL iBT(R) (第4版) CD-ROM版

TOEFL iBT®テストオンライン模試 TOEFL iBT® Complete Practice Test(Authorization Code)

個別学習方針付オンライン学習プログラム TOEFL® Online Prep Course (TOEFL iBT®テスト対応)

TOEFLテスト公式教材ショップブログ