• トップページ
  • 一般社団法人 CIEE国際教育交換協議会 代表:大竹和孝

TOEFL® テスト日本事務局より新年のご挨拶

一般社団法人 CIEE国際教育交換協議会

  • 一般社団法人 CIEE国際教育交換協議会
  • 代表:大竹和孝

ご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
私どもCIEE Japanは、50年以上にわたり、国際交流とTOEFL® テスト日本事務局という2つの事業を通じ、グローバル社会に貢献できる人材(global citizen)育成を推進するために活動を行っております。

本年、2018年は私どもCIEEの行っている事業のうち、特にTOEFL® テストを中心とした英語教育事業において、節目となる年になると考えております。2020年より大学入学者選抜の改革、そして新しい学習指導要領の施行が段階的に始まることとなっています。新たな大学入学者選抜制度において、TOEFLテストが選抜過程の一部となることが検討されています。また、新指導要領下では、英語に関しては従来よりも高い英語力を身に付けることが求められ、特に「話す」「書く」の発信能力の強化が求められています。2006年から導入されたTOEFL iBT® テストは、高等教育を英語で学んでいくにあたって必要な英語力を公平に、かつ正確に測定することのできる英語テストです。世界130か国、10,000以上の教育機関・団体がTOEFLテストのスコアを活用していますが、この実績とテスト内容の質の高さによって、日本でも一層の利用が進むことが期待されます。

また、もう一つの事業の柱である国際交流事業においても、海外でのボランティア活動を中心とした個人参加型のプログラム、大学での団体研修のアウトソース事業という団体派遣のプログラムを両輪とし、年間約3,000名以上が様々な形で海外を体験しています。海外への派遣のみならず、日本国内へも留学生やボランティア参加者を受入れ、地域における国際化にも大きく寄与しております。

世界に目を向けますと、Globalizationの進展はあらゆる分野で起こっている反面、国同士の係争・テロなどが発生しており、人種や宗教、性別による差別行為も後をたちません。CIEEは創立されてから70年以上たちますが、今の時代こそCIEEのミッションが重要な意味を持ちその行動が注目されている時代はありません。世界に通じる英語力の育成と海外での異文化体験を促進することで、これからの日本を支える若い世代がglobal citizenとして活躍できるよう、当協議会は全力を尽くして事業を行ってまいる次第です。
本年も当協議会へのご支援・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

<CIEEのミッション>
To help people gain understanding, acquire knowledge and develop skills for living in a globally interdependent and culturally diverse world.
世界はお互いに依存している一方で、文化的には多種多様に異なっています。その中で生きてゆくすべとして、国際理解を深め、知識を蓄え、スキル・能力を向上させる手助けをすることをCIEEは理念としています。

(2018年1月当時)