Criterion Student

CriterionのStudent(学生・生徒用アカウント)向けサイトです。


Criterionとは

Criterionは瞬時にエッセイを診断することで英作文学習を支援する、米・Educational Testing Service (ETS)が提供するサービスです。

Criterionを使用するには

Criterionを使用するには以下の環境が必要です。詳しい要件はこちらをご覧ください。

  • PCまたはiPad(iPadの場合は外付けキーボードを推奨)
  • インターネット接続

Criterionの基本的な使い方

Criterionの基本的な使い方をご紹介します。なお、学校等で使用している場合は先生の指示を優先してください。PDF版

0. 初回サインイン

初回は秘密の質問(Security Question)の設定が必要です。手順はこちら

1. サインイン〜エッセイ提出

1-1 CriterionのウェブサイトでUser nameとPasswordを入力し、[Sign In]をクリックします。


click class name

1-2 Classをクリックします。

Card image cap

1-3 [Assignments]タブをクリックします。

1-4 Assignmentを選択し、[Start Response]をクリックします。プランから始める場合は[Start Plan]をクリックします。


enter essay

1-5 エッセイ入力欄にエッセイを入力します。

Card image cap

1-6 [Submit]をクリックして提出します。

2. 診断結果の確認

2-1 数秒で診断結果が出てスコア(6点満点)とTrait Levelsが表示されます。先生の設定によりスコア等が表示されない場合もあります。


enter essay

2-2 Feedbackの詳細を見るには[Response]タブをクリックします。

Card image cap

2-3 Organization & Development、Grammar、Usage、Mechanics、 Style の指摘内容を確認します。

3. 書き直し〜再提出

3-1 Response画面で左下の[Revise]ボタンをクリックします。


enter essay

3-2 左右に分割された画面の右側でエッセイの書き直しをします。

Card image cap

3-3 [Submit]をクリックして再び提出します。

Writer's Handbookの使い方

Peer Review Screen

Criterionにはユーザー専用のライティング手引書であるWriter's Handbook(ライターズハンドブック)という機能があります。

Peer Reviewの使い方

Peer Review Screen

CriterionにはStudent同士でエッセイにコメントなどを付けられるPeer Review(ピア・レビュー)という機能があります。ピアとは「同級生」「仲間」といった意味です。使用方法は下記リンクにあるPeer Review機能ガイドをご覧ください。

Criterion関連動画

ETS公認トレーナーである鬼頭和也先生による、ライティングに関する動画を紹介します。学習に役立てましょう。


英文エッセイ 基本の「き」


英文エッセイ これをやってはいけない

ライティングのためのリンク集

TOEFL Webマガジンから

「ETS公認トレーナーと勉強しよう!TOEFL iBT® テストWeb準備講座」・・・横川先生によるライティングのオンライン模擬授業

「TOEFL®テストに役立つ!世界基準の語彙学習法」・・・金子先生による語彙学習法

Twitter

CIEE Japan 公式Twitterアカウント・・・ライティングに役立つ情報を配信しています


Copyright© CIEE Japan All Rights Reserved.
当サイトはTOEFLテスト日本事務局を行っている一般社団法人 CIEE国際教育交換協議会が運営しています。
ETS, the ETS logo, TOEFL, TOEFL iBT, TOEFL ITP, PROPELL and CRITERION are registered trademarks of Educational Testing Service (ETS) used by CIEE Japan pursuant to license.