Criterionを導入する

FAQ

機能について


Q. どんな文章に対応していますか

A. 複数のパラグラフで構成された英文エッセイに対応しています。


Q. どのような評価を受けられるのですか

A. 6点満点(または4点満点)の総合的スコア(Holistic Score)、3つの側面からの評価(Trait Levels)、文法的間違いの指摘など(Diagnostic Feedback)を受けられます。


Q. 評価が出るまでに何秒かかりますか

A. 現在の一般的なインターネット回線で5秒程度で評価が出ます。


Q. 学生・生徒が問題を作成することはできますか

A. いいえ。問題を作成できるのは教員用アカウント(Administrator・Instructor)のみです。


Q. スコアが出るのは何語までですか

A. College 1st YearとCollege 2nd Yearが1000語まで、それ以外のカテゴリーは800語までです。それ以上の語数でも5000語まではスコア以外のフィードバックが出ます。


Q. 教員が自動採点のスコアを変更することはできますか

A. いいえ。自動採点によるスコアは変更できません。ただし、非表示にすることは可能です。


Q. 教員によるスコアを追加することはできますか

A. いいえ。自動採点以外のスコアを追加することはできません。


Q. 学校以外で使用することはできますか

A. はい。Criterionはアカウントをお持ちであれば自宅PCやiPadなどでご利用いただけます。


Q. Criterionやe-rater®に関するレポートはありますか

A. こちらのページで関連レポートを検索することができます。


Q. テキストを貼り付けて提出することもできますか

A. はい。テキストであれば貼り付けることが可能です。


Q. Criterionを試験で使用することはできますか

A. はい。制限時間を設定したり、Student用の補助機能をオフにすることで試験で使用することが出来ます。自動採点の制約等をご理解の上でご利用ください。


Q. スマホやタブレットでも利用できますか

A. スマートフォンはサポート対象外です。タブレットはiPadのみサポートされています(Bluetoothキーボードの利用を推奨)。


Q. オフラインでも利用できますか

A. いいえ。必ず安定したインターネット回線でご利用ください。


Q. 複数の教員で利用することはできますか

A. はい。Criterionは一つのSchoolにつき1名の管理者(Administrator)、複数の教員(Instructor)でご利用いただけます。


Q. 学習者の対象レベルはありますか

A. ご利用可能なトピックは米国の小学生レベルからGREまであり、小学生以上の様々なレベルが対象となります。


Q. トピックはどのように選択したらいいですか

A. 学習者のレベルにあったトピックをご利用ください。Criterionに付属するトピックはTOEFL、8th Gradeといったカテゴリーから選択したり、Persuasive、Expositoryといったモードから選択することができます。トピックについて詳しくはこちらをご覧ください。


Q. 登録情報のインポートはできますか

A. はい。AdministratorはClass、Instructor、Studentのインポートが可能です。CSV形式のファイルが必要です。詳しくはこちらをご覧ください。


Q. 教員によるトピックを追加できますか

A. はい。独自のトピックも追加できます。追加方法については、Administratorはこちらを、Instructorはこちらをご覧ください。


Q. 剽窃・コピペの防止機能はありますか

A. いいえ。現在のことろ剽窃やコピペの検出・防止機能はありません。


Q. 印刷機能はありますか

A. はい。学生・生徒も教員も様々な印刷機能をご利用いただけます。


Q. Criterionからデータを取り出すことはできますか

A. はい。レポート機能で様々な機能を取り出すことができます。


Q. リファレンスやサイテーションも評価できますか

A. いいえ。Criterionが診断するのはエッセイのみです。


導入について


Q. どういった授業で利用できますか

A. 主にパラグラフやエッセイを指導する授業でご利用いただけます。スピーチやディベートの授業でも原稿の作成や論旨を確認するためにご利用いただけます。


Q. 高校でも利用できますか

A. はい。高校生でも取り組める一般的なトピックが多く付属しています。また、インターフェースは英語ですが、高校生でもすぐに慣れていただけます。


Q. 大学入試対策として使えますか

A. Criterionでは、一般的に大学入試で求められる英作文よりも語数の多い「エッセイ」を書くことが求められます。数百語のエッセイを書けるようになってから大学入試タイプの英作文に対応するのは比較的容易だと考えられます。


Q. 料金を教えてください

A. Criterionの料金については問合せフォームよりお問い合わせください。


Q. 支払い方法を教えてください

A. ご利用開始時にお送りする請求書記載の銀行口座にお振込みいただきます。


Q. Criterionで導入する授業では何ができますか

A. セルフ・レビューやピア・レビューによる


Q. 個人が購入することはできますか

A. Criterion®は教育機関向けのサービスのため、個人の方には提供しておりません。


Q. 無料体験はできますか

A. Criterion®の無料オンラインデモはこちらからお申込ください(教育や人材育成に携わる方のみ)。


Q. 直接説明を受けることはできますか

A. はい。当会東京オフィスで開催する無料説明会にお申し込みください(教育や人材育成に携わる方のみ)。詳しくはこちらをご覧ください。


Q. 申込から導入までどのくらいかかりますか

A. お申込日から最短5日でご利用可能になります。ご利用開始後、ClassやStudentを作成して設定を行っていただくひつようがあります。


Q. 申し込むにはどうしたらいいですか

A. こちらをご確認の上、申込書をEメールにてお送りください。


Q. 受講者はパソコンに関するスキルが必要ですか

A. キーボードを使ったタイピングができればご利用可能です。タッチタイピングは必須ではありません。


Q. 利用期限はありますか

A. Criterionは任意の開始日から1年間ご利用いただけます。


Q. 使用しなかった回数を次年度に繰り越すことは出来ますか。

A. いいえ。回数の繰り越しはできません。


Q. 申込の最少または最大人数はありますか

A. 何名でもご利用可能です。ご利用に応じた回数(200回から)をお申込ください。


Q. 初期設定のサービスはありますか

A. Studentの登録は有料のインポート代行サービスをご利用いただけます。それ以外の設定については「クイックスタートガイド」をご覧のうえ行ってください。


Q. 設定マニュアルはありますか

A. はい。Administrator用はこちらを、Instructor用はこちらをご覧ください。


Q. 学生・生徒用のマニュアルはありますか

A. はい。Studentガイドをご利用ください。


Q. ユーザーサポートはありますか

A. はい。学校ユーザー様のサポートはEメール、電話、訪問等で提供しております。受講生の方は学校にお問い合わせください。


Q. 契約が切れてからもログインすることはできますか

A. いいえ。契約終了後はご利用いただけません。


Q. 利用できるOSやブラウザーを教えてください

A. 動作環境についてはこちらをご覧ください。


CIEE logo

Copyright© CIEE Japan All Rights Reserved.
当サイトはTOEFLテスト日本事務局を行っている一般社団法人 CIEE国際教育交換協議会が運営しています。
ETS, the ETS logo, TOEFL, TOEFL iBT, TOEFL ITP, PROPELL and CRITERION are registered trademarks of ETS used by CIEE Japan pursuant to license.