THE WORLD IS OUR CLASSROOM. JOIN US.

  • シェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


CIEE JAPAN 50周年記念スカラーシップ

2018年度授与式

 

CIEEは、世界中の様々な国で実施されるCIEE夏期留学プログラムに参加する若い有望な日本人学生に対して、 2016年より3年間の予定で奨学金制度を始めました。受賞者は教育費(1人当たり約2,500~3,500ドル)が免除 となります。最終年度の今年度は6名の受賞者が決定しました。

日本代表代行より奨学金受賞証書が手渡され、「学生が他国に出かけ学ぶことは普通になっています。大学在学中に知識だけを学ぶことは意味がありません。実地体験を通してネットワークを作り、自分が今後何をしていくかを考える良い機会となることを願っています。」との、はなむけの言葉が贈られました。また、CIEE日本代表部の職員に紹介され、期待がこめられたお祝いの拍手を受けました。

 

受賞者の抱負

2018年度の受賞者に抱負を語っていただきました。
アメリカの大学生とアメリカ以外の国について共に学ぶというユニークな体験を楽しみ、元気に帰国されることを祈念しています。

 

榎本 雄 国際基督教大学 教養学部3年

Summer Open Campus, Rome/Italy, Session III(イタリア)


私はもともとジェンダー学に興味がありました。ただ、大学ではアジア研究をメジャーでとっているために、あまりジェンダーについて学ぶ機会がありません。そこで、CIEEのイタリアのプログラムがジェンダーを取り上げているので、夏休みの間ジェンダーを勉強するいい機会だと思い応募しました。また興味のジェンダーを学ぶだけではなく、アメリカの学生と生活を共にしながら授業を受けることで英語漬けとなり、自分の英語力も向上させられると思っています。このような機会を与えて下さり、有難うございます。


 

覚張 日菜 国際基督教大学 教養学部1年

Summer Sustainability + the Environment, Monteverde/Costa Rica, Session III(コスタリカ)


高校時代に環境について授業を取り、ずっと環境について興味がありました。自然も好きなので、両方を学べるコスタリカのプログラムが魅力的と考え応募しました。参加の機会を得られとても嬉しいです。 World Happiness Reportによると、コスタリカはでラテン・アメリカの中で1番幸せな国だそうです。ですので、コスタリカの幸せな文化を、ホームステイを通して学べるといいと思います。ありがとうございます。


 

片山 輝香 国際基督教大学 教養学部3年

Summer Open Campus, Rome/Italy, Session III(イタリア)


大学で1年間イタリア語を学んだことにより、いつかイタリアへ行ってみたいという思いがさらに強くなっていたところに、CIEEのスカラーシップを見つけ、イタリアのプログラムがあることを知りました。そして、どうせ行くなら勉強のために行きたいと思ったので、応募しました。今回のプログラムではジェンダーについて学んできます。私は社会学を専攻しているのですが、ジェンダーは社会学において非常に重要な分野なので、日本とは異なる環境で、ジェンダーを学び自分の考えを広げたいなと思います。イタリア語の授業もとても楽しみです。ありがとうございます。


 

豊福 遥 津田塾大学 学芸学部2年

Summer Open Campus, Berlin/Germany, Session III(ドイツ)


私はドイツへホロコーストを勉強しに行きます。子どもの頃からドイツに興味があり、歴史やナチ、ホロコーストにも関心がありました。しかし、実際に現地に赴きそこで勉強する、という機会は簡単に得られるものではなく、このような素晴らしい機会を与えていただいたことに本当に感謝しております。今回ドイツで、教材上の歴史だけでなく、自分の目で見て学んでいくことをとても楽しみにしております。そして、アメリカからの学生や現地の方々との交流も、私にとってとても刺激的で良い経験になると思います。


 

百﨑 絢香 津田塾大学 学芸学部2年

Summer Business + Communications, Amsterdam/Netherlands, Session III(オランダ)


ビジネスに対して興味があります。将来は、英語を使ってビジネスの場で働きたいと考えています。オランダはかつてからの商業国家であり、CIEEのプログラムでビジネスが学べるので応募しました。日本の大学では得られないような、オランダからの視点でビジネスにについて考えたいです。持続可能なビジネスの実践についてアメリカ人学生とともに学ぶことが楽しみです。また、日本人がいない環境に身を置き、英語漬けになることで、自分の語学力向上にも励めると思います。積極的に英語でコミュニケーションをとり、オランダでの留学を他では得られないようなかけがえのない時間にしたいです。このような機会を与えて下さり、感謝いたします。


 

米倉 香乃 国際基督教大学 教養学部3年

Russian Area Studies, St. Petersburg/Russia, Session III(ロシア)


昨年ベラルーシに知人の企画で訪問しロシアに興味を抱き、留学したいと思いました。しかし、長期であるとロシア語での授業となってしまうため実現は難しいと考えていた時に、CIEEのプログラムを知り、ロシアを英語で学べること、しかも一番良い季節に実施されるので、応募しました。現地ではロシアの歴史や文化、言語などを授業や体験を通じてより深く知り、今後の学びに生かしたいと考えております。ありがとうございます。