THE WORLD IS OUR CLASSROOM. JOIN US.

アメリカJ-1ビザプログラム

 
  • シェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容・参加費用

アメリカJ-1ビザプログラム DS-2019発行
(Intern・Trainee・Professor/Research Scholar・Specialist)


参加資格・条件・期間 申込締切 費用 帯同家族(J-2)

J-1ビザとは
J-1ビザは、人材・知識・技術の交流を促進するための「交流訪問者ビザ」です。 J-1ビザの取得には、アメリカ政府の規定に則した参加者・受入れ団体・プログラム内容であることの証明書「DS-2019」が必要 となります。DS-2019の発行は、アメリカ国務省の認可を受けた団体のみが発行することができ、CIEEは国務省の認可を受けた 数少ないDS-2019発行可能団体の1つです。

J-1ビザには複数のカテゴリーがありますが、CIEEでは、以下のカテゴリーのDS-2019を扱っています。

  • 学生インターン(Internship/INT)
  • 社会人研修生(Professional Career Training/PCT)
  • 教授、研究者(Professor・Research Scholar/RS)
  • 短期訪問の学者(Short-Term Scholar/STS)
  • 専門家(Specialist/SP)

  • 受入先がDS-2019を発行できない団体の場合、CIEEにご相談ください。

    参加資格・条件・期間


    全てのカテゴリーに共通する条件
  • 参加目的が、研修・活動を通じてアメリカ文化をよりよく理解することであること

  • プログラム終了後に日本へ帰国する意思を持っていること

  • 研修先/活動先がすでに決定していること(CIEEでは受入れ先の紹介は行っていません)

  • Upper Intermediate以上の英語力があること

  • *目安:TOEFL iBT61+、TOEIC730+
    *英語を学ぶことを目的としたプログラムは認められません

    カテゴリーごとの条件
    学生インターン
    参加資格
    ・18歳以上
    ・文科省認可の全日制専門学校(職業訓練校は不可)/短期大学/大学/大学院に在学中または卒業後1年未満の方
    ・専攻分野と研修内容が関連していること

    研修の条件
    ・米国政府またはCIEEの規定により禁止されている職種/業界ではないこと
    ・常に、責任者の監督と指導の下研修が行われること
    ・研修全体の8割以上が英語で行われること
    ・スキル不要の作業(データ入力、給仕、清掃、品出し、レジなど)は、研修全体の20%以下であること
    ・日中の研修で、研修時間は32時間/週 以上あること

    研修先企業/団体の条件
    ・参加者を労働力ではなく、研修生として受け入れること
    ・アメリカのビジネス文化を学べる環境があること
    ・主な使用言語が英語であること
    ・研修に関する業務について十分な知識・経験を持つフルタイムスタッフの指導責任者を配置し、主に次の役割を果たすこと
      1)CIEEからの審査や連絡窓口となること
      2)研修期間中、常に参加者の指導にあたり、定期的に参加者の評価を行うこと
    ・研修が行われる部署に占めるJ-1研修生の割合は、スタッフの人数に対し20%を越えないこと
    ・参加者専用のワークスペース(PCやデスクなど)があること
    ・州法で免除されている場合を除き、Worker’s Compensation(労災保険)で参加者をカバーすること

    参加可能期間
    3ヶ月~12ヶ月
      ※3ヶ月未満の研修でも可能な場合があるので、詳細はお問合せください
      ※研修開始日の30日前から研修終了日の30日後まで米国に滞在可能です(プログラム料金は滞在期間に基づきます)
    社会人研修生
    参加資格
    ・20歳以上
    ・高校卒業資格があり、以下の(a)または(b)に該当する方
      (a)研修に関連する学位や終了証明書があり、研修と関連する分野で米国外での実務経験が1年以上ある
      (b)研修に関連する学位や終了証明書がなく、研修と関連する分野で米国外での実務経験が5年以上ある

    研修の条件
    ・米国政府またはCIEEの規定により禁止されている職種/業界ではないこと
    ・常に、責任者の監督と指導の下研修が行われること
    ・研修全体の8割以上が英語で行われること
    ・スキル不要の作業(データ入力、給仕、清掃、品出し、レジなど)は、研修全体の20%以下であること
    ・日中の研修で、研修時間は32時間/週 以上あること

    研修先企業/団体の条件
    ・参加者を労働力ではなく、研修生として受け入れること
    ・アメリカのビジネス文化を学べる環境があること
    ・主な使用言語が英語であること
    ・研修に関する業務について十分な知識・経験を持つフルタイムスタッフの指導責任者を配置し、主に次の役割を果たすこと
      1)CIEEからの審査や連絡窓口となること
      2)研修期間中、常に参加者の指導にあたり、定期的に参加者の評価を行うこと
    ・研修が行われる部署に占めるJ-1研修生の割合は、スタッフの人数に対し20%を越えないこと
    ・参加者専用のワークスペース(PCやデスクなど)があること
    ・州法で免除されている場合を除き、Worker’s Compensation(労災保険)で参加者をカバーすること

    参加可能期間
    3ヶ月~18ヶ月

      ※ホスピタリティ、観光業界、レストラン、農業での研修は、マネジメントポジションでの研修を除き、最長12ヶ月
      ※3ヶ月未満の研修でも可能な場合があるので、詳細はお問合せください
      ※研修開始日の30日前から研修終了日の30日後まで米国に滞在可能です(プログラム料金は滞在期間に基づきます)
    教授/研究者・短期訪問の学者・専門家
    参加資格
    教授・研究者(RS)/ 短期訪問の学者(STS):
    ・関連分野において、米国外で取得した学位と十分な職歴があること
    ・2年以内に同じプログラムを利用していないこと(RSのみ)
    ・1年以内にJビザで渡航していないこと(RSのみ)

    専門家(SP):
    ・関連分野でのエキスパートであること

    活動可能な内容
    教授・研究者(RS)/ 短期訪問の学者(STS):
    学術機関や研究機関等における研究、講義、指導、オブザーブ、コンサルテーション

    専門家(SP):
    学術機関、研究機関、企業等におけるオブザーブ、コンサルテーション、デモンストレーション

    参加可能期間
    教授・研究者(RS):最長5年
    短期訪問の学者(STS):最長6ヶ月
    専門家(SP):最長1年

    申込締切


    出発予定日の2ヶ月前までにお申込み・手続きSTEP3までを全て完了させてください。
    ※オンライン登録後、STEP3の完了までに平均で1ヶ月ほどかかるため、目安として、オンライン登録を出発の3ヶ月前までにお済ませください

    費用


    プログラム料金

    学生・社会人

    教授/研究者・短期訪問の学者・専門家

    プログラム料金に含まれるもの プログラム料金に含まれないもの
    • DS-2019発行費
    • プログラム期間のCIEEアメリカ本部バックアップ・サービス費用
    • 米国の医療保険料(詳細はこちら
    • 出発前オンラインオリエンテーション費用
    • 書類発送費、事務諸経費
    • 現地までの渡航費
    • 現地での生活費
    • Jビザ申請費用
    • 海外旅行保険
      →日本出発日~帰国日をカバーする海外旅行保険への加入をお勧めします。
    • SEVIS Fee US 220ドル
      →アメリカ政府情報登録システム”Student and Exchange Visitor Information System"の費用。DS-2019発行の際にCIEEにて立て替えるため、CIEE規定のレートにて円換算した金額を参加費用と一緒にお支払いください。
    • Site Visit Fee (視察費用) US 215ドル(実施した場合のみ)

    *プログラム料金に含まれるものの一部をお客様のご都合により利用されなくても払戻しはいたしません

    延長・再発行・キャンセル

    帯同家族(J-2ビザ)

    CIEEにてDS-2019を申請された方の配偶者、および21歳未満の未婚の子供に限りお申込みを承ります。
    ご家族のみ後から出発される場合もお申込いただけます。CIEEとの連絡はJ-1申請者が行ってください。

    申請のお申込み締切とお手続きのご案内
    1.J-2オンライン申込フォームの送信
    2.お申込金50,000円(J-2お一人につき)のお振込み
    3.J-2申請書と必要書類をCIEEに送付

    J-2オンライン申込フォームは、J-1申請者のオンライン申込完了後に届くメールにてご案内いたします。
    また、お申込み・手続きSTEP2・3にて申込金の振込先、書類の送付先をご確認いただき、J-2申請書をダウンロードしてください。