THE WORLD IS OUR CLASSROOM. JOIN US.

アメリカ大学研修

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 海外研修
  • >
  • サンノゼ州立大学(International Gateways)

サンノゼ州立大学 International Gateways 
SDGs and Innovation in Silicon Valley

2019年の募集は終了しました

アメリカ西海岸・サンフランシスコ湾の南にあるサンノゼ州立大学で実施されるSDGs and Innovation in Silicon Valleyは、2015年9月の国連サミットで採択されたSustainable Development Goals(SDGs)* の課題に対し、チームを組んで、持続可能な解決策を考えていくプログラムです。

授業では、チームプロジェクトに必要な英語コミュニケーションスキルを学び、サンノゼ州立大学の教授や専門家からレクチャーを受ける他、スタンフォード大学、Intel Museum、Google/Appleビジターセンター、NASA Amesリサーチセンター等計3回のフィールドトリップも予定されています。プログラムの終盤に予定されている英語でのプレゼンテーションでは、指導経験豊富なアメリカ人教師たちからフィードバックを得るチャンスがあり、英語スピーキングの自信を高められるかもしれません。

サンノゼは、世界的なIT企業が集まるシリコンバレーの中心部でありながらも、街には緑が多く、年間を通じて温暖で、過ごしやすい気候です。また、多民族・多文化が共存し、日本人をはじめとしたアジア系の人々も暮らしやすい恵まれた環境があります。4週間の間、ホームステイ先で日常的な英会話を学びながら、全国様々な地域から集まった日本人メンバーとの友情を育み、自由で大らかなアメリカ人教師達によるアットホームな雰囲気の授業を通して、かけがえのない経験を得ることができるでしょう!

▲プログラムの内容をまとめた動画(約30秒)です


*Sustainable Development Goals (SDGs) :持続可能な開発目標とは?

2015年9月の国連サミットにて全会一致で採択された「誰一人取り残さない(Leave no one behind)」持続可能な世界を実現するための、2030年を年限とする17の国際目標のことです。開発途上国のためだけの目標ではなく、格差の問題、持続可能な消費や生産、気候変動対策など、先進国が自らの国内で取り組まなければならない課題を含む、全ての国に適用される普遍的(ユニバーサル)な目標です。
main.jpg