ベトナム

  • print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は春休みにベトナム ホーチミンの児童養護施設で、重度障害のある子どもをサポートするボランティアに参加した大学生の体験談です。現地の子供・先生たちと過ごした施設での出来事、ゲストハウス、観光情報まで、詳しくご紹介します。

  • 小川 愛由さん / 大学2年生 (参加当時) / S大学 外国語学部 / 2月に2週間参加

小川さんが参加したベトナム ホーチミン「児童福祉」

1960年から1975年まで続いたベトナム戦争では、アメリカ軍が使用した枯葉剤が人体と自然に多大な影響を与えました。ベトナムでは今でも心身に様々な障がいを抱えた子供が生まれてきます。そして、貧しい家庭では十分な治療が受けさせられないため、子どもを捨てたり、孤児院や施設に預ける親は、後を絶ちません。このベトナム「児童福祉」プログラムは、過酷な状況の中でも一生懸命に生きる子どもたちの生活のお世話や一緒に遊ぶ活動を通じて、愛情を与えるプログラムです。>>詳細はこちら

参加のきっかけ

私がこのプログラムに参加しようと思ったきっかけは、これまでの長期休みを何も計画を立てずに過ごしてしまい何も得るものがなかったので、今年の春休みこそは何か新しいことに挑戦したいと思ったことでした。元々、海外ボランティアに行ってみたいという気持ちがあったので、ネットで調べてcieeを見つけました。また、昔から子どもが好きなこともあり、子どもに関わるボランティアがいいと思いこのプログラムに決めました。実は応募締め切りギリギリで申し込みを済ませたので、諸々の準備もギリギリでした。なので出発の前はciee主催のイベントに参加したこと以外はあまり準備せず、ベトナム戦争など知っておくべきことを少し調べた程度でした。もう少し早くから考えていれば良かったなと少し後悔です。でも、思い切り新しい世界に飛び込んで良かったと心から思います。

衝撃だらけの活動

私たちメンバーは、二つの施設に分かれて活動しました。片方はシェルターで、私がお世話になった方はky quang pagodaという施設でした。シェルターの方は一度も行かなかったのでご紹介できないのですが、私が行ったky quang pagodaでの活動について少しご紹介させて頂きます。ここには0歳から中学生くらいの子ども達が暮らしていました。私たちは主に、障がいを持つ子ども達のいるところで活動をしました。活動内容としては、子ども達と遊んだり、ご飯を食べさせてあげたり、着替えのお手伝いをしたりしました。

ある1日のスケジュール

8:00 起床
8:30 出発
9:00 施設到着・活動開始
11:00 昼食(子ども達はお昼寝の時間)
11:30 休憩(自由行動)
14:00 活動再開
17:30 活動終了(やることが終わり次第)・自由時間


初めてパゴダに行った時、私はとてもショックを受けたのを覚えています。一つはご飯の食べさせ方です。まず、食べてる最中に動かないように椅子に縛り付けていました。自分でご飯を食べられない子が多く、その子たちにはスタッフの方がご飯をあげていたのですが、食べ物を飲み込めない子や吐き出してしまう子にもかなりの勢いで無理矢理食べさせていました。正直、虐待のようにも見えてしまいました。最初の方は子どもがかわいそうで見ていられなかったし、自分でご飯をあげる時もなかなかうまく食べさせてあげられませんでした。でもそれは最初だけで、無理矢理にでも食べさせてあげないと栄養不足になってしまうし、それ以外やり方がなかったので仕方がないことだと理解しました。

また、子ども達の中には足が真っ直ぐに伸びない子が数人いたのですが、その治療方法があまりに無理矢理でした。それは足を縛り付けて伸ばす方法でした。医療が行き届いていない現状を目の当たりにしました。自分にはこれらの最初のショックが大きすぎて、正直、2週間やっていけるだろうかと心配にもなりました。でも、子ども達は障がいを持っていると思わせないほど元気で明るくて、キラッキラの笑顔に逆に私が元気をもらいました。子ども達と過ごす時間は楽しくて楽しくて、最初の不安が嘘のように2週間なんてあっという間に終わってしまいました。

休憩の時間は昼食含め3時間もあったので、近くのコーヒーショップに行ってコーヒーを飲みながら涼んだりショッピングセンターに行ったりしました。施設の周りにはたくさんのコーヒーショップがあったので、いろんなコーヒーショップを回って飲み比べしてみるのもいいかもしれません。後半は、休憩の時間が長すぎてやることがなくなったので、昼寝をして過ごすことが多かったです。

宿泊先での交流

私たちはピースハウスと呼ばれる宿泊施設に泊まっていました。ここには様々な国から来たボランティアメンバーが泊まっており、基本的な言語は英語で、国際交流もできました。ただ、時期的に私が行った時期は日本人が多かったので、日本語が飛び交っていました。なので、もし日本人の少ない環境が良い方がいれば、時期をずらすことをお勧めします。でも、みんなが日本語を話していたせいか、周りの外国人メンバーが日本語を覚えてくれて、帰ってきた時には「ただいま〜」と言って入ってきたり、私たちの行動が遅いと「はやく〜」と言ってきたりと日本語を使ってくれました。

また、ピースハウスには数人のスタッフさんがいたのですが、皆さんスタッフというよりは友達みたいな感覚で接してくださいました。毎晩のようにカードゲームをしたり、カラオケに連れて行ってもらったりしました。特にカードゲームは夜遅くまで盛り上がって、すごく楽しかった思い出です。ピースハウスにはいろんな国から持ってこられたカードゲームがたくさんあり、日本では見たことのないものばかりでした。まず説明を聞くところから始まり、ゲーム中もみんなでルールの確認をしていたので、この時間で英語を使う機会が多くありました。なので出来る限りカードゲームに参加して少しでも英語に触れる機会を増やしました。また、いろんな国のメンバーとコミュニケーションも取れて、他の国の文化も知れて、とても良い時間でした。

週末について

土日は活動がお休みだったので、他のメンバーと街に出てお土産を買ったり、ベトナム料理を食べたりして楽しみました。私たちは市場でお土産を買ったのですが、この市場が物凄い熱気で今まで見たことのない光景ですごかったです。ここでは基本値切りをして買い物をすると聞いていたので早速挑戦しました。そしたら驚くことに日本語を話せる方がほとんどで、ほぼ日本語で通じました。ベトナムでは英語を話せる人が少なくほぼベトナム語だと聞いていたし、まさかの日本語だったので安心しました。、

ベトナムついて思ったこと

人が優しい!

ベトナムの方はとにかく親切な方が多かったです。道を聞いた時は、ご自身も知らない場所だったにも関わらず、通りかかった現地の方に聞いてくださったり、美容室からの帰り道に雨が降ってきたのでタクシーを呼ぼうと思ったら、美容室の方が私たちの代わりにタクシーを呼んでくださって傘もくださりタクシー代まで出してくださったりと、現地の方々にたくさん助けて頂きました。

フレンドリーな方が多い

ベトナムにいる間に何度か現地の方のお宅にお邪魔させて頂きました。ある時は、施設のスタッフの方がボランティアメンバーを自宅パーティーに招待してくださり、たくさんの家庭料理をいただきました。ある時は、ピースハウスで休んでいたら夜なのに外から大音量の音楽が聞こえてきたのでちょっと見に行ったら、近所のご夫婦とご友人がスピーカーで音楽を流していて、ずっと見ていたらこっちおいでと誘ってくださり、一緒にカラオケをしてお話をしました。

また、ご家族で経営されている美容室に行った時には、偶然にもご親戚に日本人がいらっしゃって日本にも行ったことがあったようで、日本のお話をして仲良くなりました。遠く離れた日本から来た私たちに声をかけてくれて、しかもベトナム語が全く分からない私たちに、スマホの翻訳機能を使ってお話をしてくださり、とてもフレンドリーな方々でした。

ご飯がおいしい

最初は口に合うか不安なところがあったのですが、実際食べてみたらすごく美味しかったです。たくさんおいしい料理があるので、知らない料理でも試してみることをお勧めします。

値段が安い

全体的に安いです。食事は300円もあれば済ませられますし、スパや美容室も日本に比べると格段に安かったです。また、日本では高額なタクシーもベトナムでは何人かで乗って割り勘すれば、たいていのところは100円以内で済みます。

バイクの数が異常

バイクの数が日本では考えられないほど多かったです。ベトナムでは車よりバイクの方が多く、夜になると道路を埋め尽くしていました。最初見た時はいつ事故が起こってもおかしくないなとヒヤヒヤしていました。また、ベトナムでは横断歩道でもバイクや車は止まってくれません。信号があれば大丈夫ですが、信号のない横断歩道は容赦なく向かってくるので、手を出して出しながらゆっくり歩いて、バイクや車が上手に私たちを避けてもらいました。

困ったこと

シャワー、トイレ

行く前から分かっていたことではあったのですが、きれいとは言える状態ではなかったです。なので、シャワー用のサンダルを持って行ってそれを履いてシャワーを浴びていました。またトイレットペーパーがないことがたまにありました。活動先の施設にはなかったです。ティッシュは持ち歩いていた方がいいかと思います。

蚊が多い

とにかく虫が多いです。特に蚊。気がついたら刺されていて、かなり痒いし腫れました。虫除けスプレーは必須です。あと、刺された時用にムヒも必須です。私は虫除けスプレーは持って行ったのにムヒを持って行かず、周りのメンバーも誰も持ってきていなかったのでひたすらに痒かったです。

自ら行動することの大切さ

私はこのプログラムを通してたくさんの経験をすることができ、たくさんのことを感じることができました。特に感じたのは、自ら行動する姿勢が大事だということです。私は本格的に活動が始まった初日、何をすればいいのか分からず指示待ちをしていて全然役に立てていませんでした。また、やることを聞こうと思っても施設のスタッフの方はほぼベトナム語しか話せなかったので、聞きに行くことができずにいました。

しかし、このまま自分から行動しないと何の役にも立てずにただ邪魔になってしまうと思い、自分より先に来ていたボランティアの方に聞いたり、自ら子どものところに行って遊んだり、スタッフの方がご飯を用意してたら身振り手振りで会話してお手伝いをしたりしました。そのおかげで仕事もスラスラできるようになり、スタッフの方ともなんとなくコミュニケーションをとることができるようになりました。子ども達との距離が縮まった気もしました。人の役に立つには、まず周りをよく見て自分から行動することがとても大切だと感じました。

また、自由時間は部屋に引きこもらず出来るだけ他のメンバーと交流するようにしたことで、いろんな新しいことを知れて楽しい時間を過ごすことができたし、メンバー同士の仲も深まりました。自分の行動次第で、得られるものであったり感じられるものは大きく変わってくるなと感じた2週間でした。

滑り込みで申し込みを済ませ準備も万端ではなかった分、出発前は不安で押しつぶされそうなほどでしたが、実際に現地に行ったらそんな不安を忘れるくらい充実した時間になったし、あの時ギリギリでも申し込んで良かったと心から思います。このプログラムに参加して本当に良かったです。少しでも興味がある方、絶対に行くべきです!行くか悩んでいる方、新しいことへの挑戦で不安のある方、悩むくらいなら思い切って飛び込んでみてください!私はそう助言したいです。それくらいステキな2週間でした。

旅メモ

使ったお金の総額

・渡航費・滞在費:往復航空券代 約4万5千円(成田からホーチミン、復路のみ乗り換えあり)
・現地で使った費用:約3万5千円(スパなどで使いすぎたので、行かなければこんなにかかりません)

オススメ

現地の人はたいていベトナム語しか話せないので、スマホの翻訳機能が大活躍します。翻訳機能を使っての会話は時間がかかるしうまく通じないこともよくあるので大変ですが、現地の方々と交流できてベトナム文化を体験できるので挑戦してみることをお勧めします。
それから、Grabというタクシーのアプリがとても便利です。これを使えば安心してタクシーを使うことができます。ベトナムについてからだと入れられなかったので、日本を出る前に入れておくことをお勧めします。

 
|CIEE CLUB