ニュージーランド秋山泰河さん体験レポート


  • print

英語を上達させたい!と思う方はたくさんいますが、「具体的にどんなことをしたらいいかわからない!」「そもそも英会話をあまりしたことがない」という方が大半ではないかと思います。

では、そんな方でも海外ボランティアでどのようにすれば、英語の上達のきっかけをつくれるか、ボランティアまでにどんな準備ができるか、ニュージーランド「チャイルドケア」に参加された、秋山泰河さんにお話しを伺いました。

僕はいとこと年齢が離れていて、小さい頃から面倒を見ていたので、子どもと触れ合うのは慣れていました。テレビの旅番組や世界を紹介するバラエティ番組などを見ていてオセアニア方面にすごく行ってみたいと思っていました。

実際に行ってみると、ニュージーランドは自然豊かで人がとても優しく感じました。僕がそんなに英語を話せるわけではないのに、「君の英語は聞き取れるから」とホストファミリーの方が言ってくれて、とても優しかったです。僕のホストファミリーはファザーがニュージーランド航空でキャビンアテンダントをやっていたカナダ人で、マザーがニュージーランド人でした。今は二人で不動産関係の仕事をしているみたいでした。

ニュージーランド秋山泰河さん体験レポート1

マザーはアメリカ英語と違い、ニュージーランドの発音でした。一番驚いたのが、「スケジュール」(Schedule)の単語が、「シージュール」と聞こえて、「え?何それ?」って思ったので、聞き直してやっと理解できました。ニュージーランドはイギリス英語でやっぱ違うんだなと思いました。あと、片付けるのをclean upではなく、「Tidy up」と言っていたのが印象的でした。

みなさんが
よく知っている英単語
ニュージーランドで
よく使われている英単語
clean up tidy up
throw away chuck away
organize sort out
go to head to
ボランティアコーディネーターからのアドバイス

他にもたくさん言い回しがあり、一つの言葉でも色々な意味があります。単語やイディオムを覚えるだけでも会話が膨らむので、単語やイディオムに特化した本を探してみましょう!「英語でコミュニケーションするための勉強」と思うと難しく感じますが、まずは「単語やイディオムを覚える」となると、ちょっとした時間でもできそうですよね?「何しているの?」や「いいね!」というような簡単な英会話は、みなさんも考えやすいと思います。

幼稚園での会話のきっかけ

園児の人種はさまざまでした。幼稚園のスタッフはローテーションで日ごとにいろんな人が来ていました。ただ、インド系や他の人種の英語があまり聞き取れませんでした。 

初日は、積木で遊んでいる子に「何しているの?」「いい感じでやってるね!」と話しかけてたら、その子の友達とかが後からきてみんなで遊びました。話しかけてあげると、子どもも話してくれたり、手伝ってくれたりします。「こうした方がいいよ」と自分から気軽に声を掛けた方が馴染みやすいと思います。子どもは、話かけやすい印象でした。

たまに先生が子どもに対して「泰河が○○してくれるよ」と言ってくれましたが、基本的に何でもやらせてもらっていたので、先生と相談して何かをしたというよりは、子どもとずっと話をしていました。

子どもとの会話は、正直言うと、かなりわからなかったです。自分が聞き取れないのもあるし、ちゃんと話せないこともあるので、聞き取るというよりは、「うんうん。そうだね。」と聞いてあげることが大切でした。たぶん本人たちは「理解して欲しい」と思う以上にただ聞いて欲しいんだと思います。

2週間の活動の中で、おもちゃを独占している子には「譲ってあげなよ」と言いました。「譲ってあげなよ」という言い回しは自分で考えて言っていました。You should change to him.とかShe wants to do this.とか、簡単な英語で言っていました。また、喧嘩せずにどうやったら平和に終わるかということも考えてやっていました。

英語の絵本の難しさ

幼稚園では、子どもが絵本を持ってきて、「これ読んで!」と言うので、読んであげました。でも、絵本の中の表現も難しく、特に動物などの単語がわからなくて…。単語を知っていれば読めたり、聞き取れたりするのかなと思いました。

ニュージーランド秋山泰河さん体験レポート3

ニュージーランド秋山泰河さん体験レポート2

ボランティアコーディネーターからのアドバイス

みなさんは英語の絵本にふれたことがありますか?絵本では普段使わない表現もあり、現地の子どもに「読んで!」と言われて困ってしまう場合もあります。ご自身の英語の勉強としても、出発前に1冊買って読んでみることもオススメです。
英語の絵本でしたら楽しく勉強ができるかもしれません。
ホームステイ先の方や、先生、園児に英語で自分から話しかけてみることで、また違ったボランティア経験ができると思います。自分から話しかける勇気を後押しする勉強を前もってしてみませんか?

ニュージーランド秋山泰河さん体験レポート4

秋山さんが訪れた場所(左上の写真から時計回りに)
・ピハビーチ(Piha Beach)- ニュージーランドでは珍しい黒砂のビーチ
・ランギトト島(Rangitoto Island)から見るオークランドシティ – シティからフェリーで約30分にある島
・オークランドシティ内(Queens Street)-メインストリート)

|CIEE CLUB