• print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • みなさんこんにちは。学生の皆さんはあと少しで夏休みですね。この夏、海外ボランティアに行かれる方はもうすぐ出国です。出国直前に慌ててしまわないように早めの準備を心がけましょう!第5回執筆担当はインターン6期生の宮村です。(2014年カナダ・ボランティア「環境保護」に参加)
  • 皆さんが海外に行かれる国によっては、出入国の際に必要となる書類があります。それが出入国カードと呼ばれるものです。出入国カードとは、外国人がその国に入国またはその国から出国する際に、提出を義務づけられる用紙であり氏名、国籍、国内滞在中の住所などを記入するものです。今回は、出入国カードに関して知っておくべきことについてQ&A形式でお伝えしていきます。
  • Q1.出入国カードはどこでもらえますか?

    出入国カードを受け取ることができる手段は主に3つあります。
    1つ目は、旅行会社に問い合わせて日本出国の前にもらうことです。この場合のメリットは、出入国カードを書くことが初めての方でも書き方を確認しながらゆっくりと事前に記入することができて、飛行機内でもらう場合に比べて慌てずに済むということです。また、一部の旅行会社では、有料で代行を行っているところもあります。

    2つ目は飛行機内で客室乗務員からもらうことです。目的地への到着時間が近くなると客室乗務員が配ります。日本からの直行便でない飛行機のものは基本的には英語での記入になりますので、事前にどのような内容を記入するのか確認しておいてください。

    3つ目は空港にあるものをもらうことです。搭乗前に出入国カードを持ち合わせず、機内で就寝中のため受け取りそびれた場合は飛行機を降りてからイミグレーション(出入国審査カウンター)やパスポートコントロール(入国審査ブース)の手前に記入台と出入国カードが置いてあるので記入した後、入国審査を受けてください。

    Q2.出入国カードはどのような内容を記入するのですか?

    出入国カードは国によって記入様式が異なっていて、記入内容も異なっています。また、国によっては出入国カードと税関申請書がセットになっている場合があるので裏面などを見落とさないように注意してください。基本的な内容としては、名前、性別、国籍、生年月日、パスポート番号、職業、滞在先、滞在日数、搭乗便名、出発地、訪問目的、サインです。

    ここで注意してほしいのは、最後のサイン欄は必ずパスポートと同じものをするということです。パスポートのサインが漢字であれば、漢字で記入します。出入国カードは外国人の方が見る書類ですので、日本からの直行便以外は基本的に英語での記入になります。日本人は、最初から英語で記入してきて最後のサインだけ漢字という場合も考えられるので十分気をつけてください。

    Q3. 虚偽の申告があった場合はどうなりますか?

    渡航する国によって持ち込んでもよいものや、持ち込んでも大丈夫なものであっても持ち込める量が制限されている場合があります。もし、虚偽の申請があった場合には、空港の荷物検査の時に罰金を課せられる、または入国に非常に手間と時間がかかることもあります。英語で記入する場合は、分からないからといって安易にNOと記入せずに客室乗務員の方に尋ねたり、事前にどのようなことを記入するのかを調べておきましょう。

    Q4. 実際に書いてみて、気づいたことはありますか?

    渡航先が英語圏であっても他の公用語があれば、出入国カードが英語表記や日本語表記以外のものが渡されることがあります。例えば、カナダであれば公用語が英語とフランス語です。CIEEのインターン生で、カナダに入国する際に、表に英語、裏にフランス語が書かれている両面印刷の出入国カードをもらい対応に困った方がいました。日本語の出入国カードは日本からの直行便などでしか配布されませんが、英語表記のものは必ず準備してあるので現地の言葉が分からなくても焦る必要はありません。

    みなさん、お気をつけて行ってきてください!

     

|CIEE CLUB