• print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • おかえりなさい、ボラブリー!
    国際ボランティアはどうだった??
  • ただいまです、ラビックさん。
    ボランティア活動は笑いあり、涙ありでこの夏最高の思い出になりました。
    また不安だった行きと帰りも迷うことなく行動できました。
    これもみなさんのアドバイスを参考にしながらしっかり事前準備をしたからだと思います。
  • 出発前に比べてなんだかたくましく見えるよ。とても良い経験ができたみたいだね。ボランティア活動もいいことばかりではなかったんじゃないかな?
  • はい、まさにその通りで言語の壁や異文化の違いなど苦労もたくさんありました。
  • そっかそっか。でもそんな苦労をしながらも「この夏最高の思い出」といえるボラブリ―は本当に素晴らしいと思うよ。でもここで「思い出」で終わらせてしまうのはもったいないよ!
  • そうですね。でも具体的にどのように行動していけばいいのでしょうか??
  • それではボランティアを実際に体験して1年が経過しているインターンに聞いてみよう!
  • ―ラビックが「けーすけ」を招待しましたー
    ―「けーすけ」が参加しました―

  • けーすけ: ボラブリー、こんにちは。インターン5期生のけーすけこと荒木圭介です。今回はボランティアに参加した後、その経験をどのように次に繋げていったかをお伝えするね。僕の場合、ボランティア後に起こした行動は大きく分けて①「就職活動」②「CIEEのインターン活動」③「2回目のボランティア活動」の3つ 。 1つずつ具体的にお伝えするね。
  • 聞きたい、聞きたい!
  • ①「就職活動」

    私が参加したイタリアでの国際ボランティアは日本人1人という環境でした。そこでの生活は毎日とても刺激的でしたが、改めて自分の英語力の乏しさを痛感しました。そしてそれと同時に「将来は海外で働いてみたい」という思いを持つことができ、就職活動も海外で働くチャンスのある会社を中心にエントリーしました。面接では国際ボランティアの経験をベースに自信をもって話すことが出来ました。 就職活動に自信を持って取り組めたのも国際ボランティアをやりきった賜物であると思っています。現 在は少しでも早く海外で働くことができるように英語の勉強に取り組んでいます。
  • ②「CIEEのインターン活動」

    帰国後、私がまず一番に考えたことは「この経験をこの夏休みだけで終わらせてしまうのはもったいない」ということでした。そこで今度は、このボランティアをもっと多くの人に参加してもらいたいと思い、CIEEのインターン活動に挑戦しました。インターン活動では自分の経験談をもとに参加者の方々が楽しく充実したボランティアにしてもらうためのイベントの企画などを行いました。インターンページの作成やプレゼンテーションの練習、さまざまなイベントの企画・運営など社会人として必要なスキルをたくさん勉強することができました。常に意識を高く持っているインターンの仲間との活動はとても刺激的でした。来年のインターン6期生の方々がどのようなイベントを企画していくのか非常に楽し みです。

  • ③「2回目のボランティア活動」

  • 前述したように昨年はイタリアでの国際ボランティアプロジェクトに参加したため、今年はオセアニア・ボランティア「環境保護」に参加しました。2回目のボランティアに参加しようと思ったのは、1回目の参加でとても得るものが大きかったからです。今年の夏も新たな出会いがあり、学生生活最高の夏休みになりました。また1回目よりもさらに積極的に取り組むことが出来た点も自分の成長を感じることができました。この夏にとても良い経験(楽しかったことや悔しかったことを含めて)ができたと思った人 は是非、もう一度参加してみてはいかがでしょうか。

  • けーすけ:僕の体験談は以上だよ。ボラブリ―も是非、参考にしてみてね。次の行動に移す前にまずはこの夏のボランティアの振り返りをしてみよう。そうすればきっと次のステップが見えてくるはず!!
  • ありがとうございました!
    僕もこの経験を次へつなげるために今後の目標をたててみます!

 

|CIEE CLUB