達セミに学ぶ 英語学習のヒント

全国の熱血教師による授業に学ぶ英語学習方法伝授

  • print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
青森県立青森西高等学校 雪田 博之 先生
  • 青森県立青森西高等学校
  • 雪田博之先生
今回のヒント
英語学習にFASNERを ~生の素材を活用して~

50代半ばを過ぎてから無性に英語の勉強がしたくなった。それは、我々英語教師は英語を教えるプロであるが、自らの英語力を維持し向上させることも必要であると、この歳になって認識し始めたからである。

英語を学習するにもやはり4技能のバランス

教師が英語を教える際、「聞く・話す・読む・書く」といった4技能を意識した教え方をするが、我々が英語を学習する場合にも同じことが言える。4技能の指導がなぜ必要なのかは、まず教師自らが4技能の学習を実践することでその必要性がより明確になってくるものと考える。

FASNER学習のすすめ -FASNERとは―

FASNERとは市販されている英語学習教材とは別に、いわゆる生の素材であるフェイスブック、スカイプ、英字新聞そしてインターネットラジオを活用した学習方法である。
FAcebook、Skype、NEwspaper、Radioのそれぞれの頭文字を取ってFASNERと名付けた。

FASNERを英語学習に応用する

1. Facebookを英文日記代わりに

フェイスブックは仲間同士が近況などを共有できる便利なツールであるが、私はこれを英文日記代わりに使っている。最初は他人の目を気にせず、その日の出来事や仕事に対する不満などを書いていたが、そのうち「いいね!」や返信をもらうようになってからは、人に興味を持って読んでもらえるような内容も取り上げている。毎日書くというのは大変ではあるが、何かのメッセージを毎日発信しようという気持ちが続けるきっかけになっている。英語を書くことが億劫でなくなり、書く力がついてきていることが実感できる。

2. Skypeを会話のパートナーとして

スカイプについては相手がなかなか見つからず、これまで話したことのある人は数名程度である。これをうまく使うと世界中のいろいろな人たちとの出会いがあり、また英語で話ができることにもなる。さらなる利用を心掛けたい。

3. 英字新聞を毎日、記事を選んで読む

英字新聞は国内外の情報の宝庫である。いつでも読みたいときにサッと読める。現在はJapan Timesを購読しているが、最初はDaily Yomiuriからスタートした。ページをめくりながらタイトルにざっと目を通し、その中から興味のある記事を3~4つ選んでしっかり読む。

4. 海外のラジオ局に耳を傾ける

パソコンまたはスマートフォンのアプリを利用して、海外のラジオ局を暇があれば聴いている。早朝や帰宅後に家の中で聴くことが多く、かつて留学していたサンフランシスコの放送局をよく聴く。アメリカのラジオ局はジャンルごとに分かれているので、ニュースやトークなどの専門局を中心に、BGM代わりと傾聴をうまく切り換えながら聴く。

達人セミナーについて
  • 英語教育・達人セミナーについて
  • 英語教育の情報交換のためのネットワークです。
    達人セミナーをはじめとするさまざまな研修会や英語教育についての情報を交換する場所です。
    ※最新のスケジュール等は毎週火曜日発行のメールマガジンでも情報を配信しています。
    メールマガジンを見る >>
    スケジュールを見る >>
上記は掲載時の情報です。予めご了承ください。最新情報は関連のWebページよりご確認ください。