ETS公認トレーナー直伝 TOEFL iBT® テスト対策、ここがポイント!

TOEFLテストの効果的な学習法や対策を細かくアドバイス

立命館アジア太平洋大学,五十峰聖先生
  • 五十峰聖先生
  • ETS Authorized Propell Facilitator
  • 立命館アジア太平洋大学

皆さんこんにちは。すでに真夏日のような日が続き、さらに6月に入り蒸し暑くなっていきますね。

さて今回はWriting対策です。Writingは今までに3つのレベルにおける学習・対策法について学習してきました。

第38回「初級Writing・Independent Task必須表現」
第43回「中級Writing・Independent Task対策」
第48回「上級Writing攻略法・Integrated task」

今日は総集編として、TOEFL iBT® テストにおいても英語全般においても役に立つ復習方法を学びましょう。

Writing【対象レベル:全員】

第55回 レベル別・TOEFL iBT® テスト 4技能対策⑭
「総集編とアドバイス」―その7―

総集編⑤:Writing 復習方法①

①スペル・文法チェックの解除

MicrosoftのWordや、類似のソフトを使って普段からエッセイを書く練習をしている人は多いと思います。そこで気をつけなくてはいけないのがスペルチェックや文法チェック機能です。Wordの場合だと、赤線や青線が出る、あれですね。本試験のWriting sectionにおいてはそのような機能はありませんので、練習の際にはそれらのチェック機能を外してから書くようにすると良いでしょう。

例:Word 2013の場合、以下の様にチェックされていますので、これを外しましょう。


第55回 レベル別・TOEFL iBT®テスト4技能対策⑭「総集編とアドバイス」―その7―

 

 

また、Wordではなく「メモ帳」のソフトを使って練習することもおすすめです。これには元々スペル・文法チェックの機能は付いていませんので、エッセイの練習には最適です。おすすめの手順としては以下の通りです。

1)メモ帳を開く。
2)書式→「右端で折り返す」にチェックを入れる。
 (入れないでエッセイを書くと、ひたすら右に伸びていくので注意)


第55回 レベル別・TOEFL iBT®テスト4技能対策⑭「総集編とアドバイス」―その7―

3)エッセイを書き終えたらコピーする。
4)ワードを開いて貼り付ける。
 (この場合はスペル・文法チェック機能をオンにしたまま)
5)赤線・青線が出ている箇所の間違いを1つ1つ修正していく。
  修正方法がわからない場合は友達や先生に相談する。

さて今回はここまでです。次回(2017年6月27日更新予定)も引き続きWritingの復習方法を勉強しましょう。お楽しみに!

 

  • 五十峰聖先生 プロフィール
  • ETS Authorized Propell Facilitator
    立命館アジア太平洋大学(APU)教育開発・学修支援センター 准教授
    1991年より渡米。1999年ウエストバージニア大学より高等教育経営学修士号を取得。大学職員、International Student House(ワシントンDC)プログラムディレクターを経て帰国。 明治学院大学、神奈川大学等を経て2012年9月より立命館アジア太平洋大学勤務、2016年4月より現職。
    専門:TOEFL、アカデミックイングリッシュ、アメリカ研究
    著書:
    『実践版 基礎英文法問題集1200』(DTP出版、2010)
    『TOEFL® TEST スピーキング英単語』(河合出版、2016)
    執筆・監修:
    『TOEFL iBT®テスト本番模試(TOEFL®テスト大戦略シリーズ)』(旺文社、2015)
    『TOEFL ITP®テストリーディング問題攻略(TOEFL®テスト大戦略シリーズ - リーディング問題攻略)』(旺文社、2016)
    『TOEFL ITP®テストリスニング問題攻略 (TOEFL®テスト大戦略シリーズ - リスニング問題攻略)』 (旺文社、2016)
    記事:「公認トレーナー直伝!TOEFLの出題傾向と突破のポイント!」(朝日出版社、CNN English Express 2013年8月号)
    「TOEFL iBT® Speakingについて」(大修館書店、英語教育2016年5月号)

 

五十峰先生に直接訊こう!

質問、感想などコメントを受付ています。
(いただいた質問やコメントに関しては今後の連載を通して答えていきますので了承ください)

上記は掲載時の情報です。予めご了承ください。最新情報は関連のWebページよりご確認ください。