CIEEレポート

CIEEが主催・参加したセミナーやイベント等のレポート

  • print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TOEFL iBT® テストスキルアップセミナー in 福岡」開催報告


国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部
国際交流促進部

去る6月1日(土)に九州大学国際部との共催で、同大学箱崎キャンパス国際ホールにて、受験(予定)者を対象とした「TOEFL iBT® テストスキルアップセミナー」を開催いたしました。
九州では昨年初めてスキルアップセミナーを開催したところ、大変ご好評をいただき、昨年に引き続いての開催となりました。
参加者は共催をいただいた九州大学(院)の学生を中心に、高校生、教職員、一般参加者と幅広く、福岡県内のみならず九州・中国地区からも多数のご参加をいただきました。 また開催発表後、すぐに定員が満席となるなど、昨今のグローバル人材育成への関心やTOEFL®テストに関する情報提供へのご要望の高まりを感じるものとなりました。

 

本セミナーには、ETS Authorized Propell Trainerで立命館アジア太平洋大学で教鞭を取られている、五十峰 聖先生に登壇いただきました。今秋に2回目を予定しており、今回は、4技能を全般的に解説いただき、TOEFLテストの理解を深めると共に勉強法のヒントを多く提供いただきました。

スキルアップセミナーin福岡

セミナー開始にあたり、まず参加者同士でペアを組んで、英語で自己紹介や共通点などを話すウォームアップを行い、参加者がリラックスし、また英語で話すことにも慣れていただくところから始まりました。
セミナー中は、随時、このペアでサンプル問題に取り組み、解答をお互いに発表し合うなど、参加者が聞くだけにならないようにペアワークも取り入れながらの参加型で進められました。

スキルアップセミナーin福岡

参加者の多くが大学等でTOEFL ITP® テスト(*1)の受験経験があることから、TOEFL ITPテストとTOEFL iBT® テストの違いについて解説いただきながら、TOEFL ITPテストからTOEFL iBTテストへの学習方法の繋がりなどもスキル別に解説いただきました。
Readingでは、TOEFL ITPテストとTOEFL iBTテスト、それぞれのサンプル問題を実際に取り組み、解答についてペアでの発表を行った後、TOEFL ITPテストとTOEFL iBTテストで共通する部分、TOEFL iBTテスト独自の問題等について解説いただきました。
Listeningでも同じく、TOEFL ITPテストとTOEFL iBTテストのそれぞれのサンプル問題を解き、両テストの異なる部分やTOEFL iBTテストならではの人間的な部分を理解する形式、Note takingの方法なども解説いただきました。
Speakingでは、採点方法や採点基準などの、受験者からよくある質問にも、早くポイントに到達すること、ポイントから離れない、など具体的な事例を挙げて解説いただきました。
また、ペアで、IndependentタイプとIntegratedタイプのSpeaking問題に本番と同じ準備時間、発表時間で取り組んでもらった後、解説された採点方法でお互いにフィードバックし合うことで、学習方法の一端を学ぶこととなりました。よく質問のある学習方法についても、自分自身で改善する方法や短い時間で先生方からフィードバックをいただく方法など、手軽にできる多くのヒントを提供いただきました。
Writingについては十分な時間が割けませんでしたが、配布資料のハンドアウト、TOEFL® Test Prep PLANNER(*2)を参考に学習を進めるよう解説をしていただきました。

スキルアップセミナーin福岡

2時間と短い時間ではありましたが、ペアワークを中心に参加者が実際にサンプル問題に取り組み、発話することが多かったことや、また具体的なヒントが多く、加えて五十峰先生の随所の軽妙なジョークあり、参加者がリラックス且つ集中できた結果、あっという間に時間が過ぎ、2時間がより短く感じてしまうほどのセミナーとなりました。
終了後のアンケートにも、「弱点がわかりやる気が湧いた」など、多くの力づけられるコメントを参加者からいただき、参加者の皆様の更なる英語力の向上とその目的達成を心より祈りたいと強く思いました。 最後に、本年度の開催にあたり、共催をいただきました九州大学国際部の皆様のご理解とご協力に厚く御礼申し上げます。

(*1)TOEFL ITPテストとは?
(*2)この「TOEFL® Test Prep PLANNER」は、 ETSウェブサイトの「Prepare for the Test」から、あるいはこちらからダウンロードしてください。
また、活用法に関しては、「TOEFL iBT® テストミニアドバイス」でもご紹介しています。

 

上記は掲載時の情報です。予めご了承ください。最新情報は関連のWebページよりご確認ください。