授業での実践事例

英語教員による生徒・学生の英語力向上に向けた授業での取り組み

 

広島大学附属福山中・高等学校 川野泰崇先生
  • 広島大学附属福山中・高等学校
  • 川野泰崇先生

英語ディスカッション授業の取り組み

ディスカッション授業の展開

広島大学附属福山中・高等学校ではSGH(スーパーグローバルハイスクール)の取り組みの一つとして、高校2年生で「Global Communication(1単位)」を全員履修します。

授業は、CALL教室で行います。生徒はABCニュースシャワー(字幕対訳・キーワード解説付)を視聴し、与えられたトピックについて、文字チャット機能を使い英語で議論を進めていきます。議論は40分程度で、教師が指定したグループで活動に取り組みます。司会進行役は、グループの中で決め、生徒運営で議論をすすめます。

教師はその間ファシリテーター役となり、必要に応じてグループに介入したり、議論を促すデータを示したり考え方を提案したりするなどして、生徒同士での議論が続くように補助します。

英語で議論する難しさ

一般的に「英語で議論」と聞くと、専門性・抽象度の高い内容に関して、英語で意見交換しなければならないのでとても難しいのではないかと思われがちです。生徒も同じように考えており、英語好きな生徒であっても「議論」と聞くと消極的になりがちです。

議論する力を付けるには、実際に議論を繰り返し練習する必要があります。しかし、「習うより慣れろ」の精神で、半ば強引に高校生に議論をさせようとしても、内容面・言語面で負荷が大きく、活動が停滞するばかりか、難しさばかりが強調され、「議論離れ」を引き起こしてしまいます。

議論の作法

そこで1学期は「英語で議論すること」に親しみを持つことから始めます。授業では、映画『12人の怒れる男―評決の行方―』を視聴しながら、議論の作法について学習します。

映画は陪審員が議論を通じて評決に至る様子を描写しているのですが、その過程で感情のまま意見を言う、話を脱線させる、個人攻撃する、人の意見に便乗するなど、反面教師として学べる部分が多くあります。こうした「ダメな議論」を見せることで生徒の「議論」に対する抵抗を下げることができます。

また、英語母語話者同士でも議論がかみ合わない場面を生徒に見せることで、英語で議論するには、単なる文法や語彙などの英語力だけでなく、論理的思考力や批判的思考力が必要であることを示すことができます。

議論に必要な能力

文法、語彙、4技能を含めた総合的な英語力の育成は、「コミュニケーション英語Ⅱ」「英語表現Ⅱ」の授業で実践しつつ、「Global Communication」では、論理的思考力と批判的思考力の育成に重点を置いた指導をします。

論理的思考力に関しては、トゥールミンモデルを用いて、「意見」「理由」「論拠」「証拠・前例」「例外・条件づけ」「反駁」などの要素を含めながら、「わかる」意見から「うなずける」意見へと立論が発展していけるように練習します。

批判的思考力に関しては、相手の意見を鵜呑みにしないように、生徒が陥りやすそうな論理の誤謬について学習を進めていきます。

議論の際の留意点

2学期以降は、冒頭で述べたように議論を本格的に実施していきます。生徒にとって馴染みがあり背景知識を比較的必要としないトピックを選ぶと、内容について調べる時間もかける必要なく、そのまま議論に移れます。

例えば、「歩きスマホの罰則化は必要か」「なりすまし詐欺に引っかからないためには」「タブレット端末と育児」「英語を第二公用語にすべきか」「地球温暖化は本当にいけないことか」などを授業で扱います。

生徒には、「議論中、英語で表現できない語彙がある場合は、部分的に日本語を使用してもよい」と伝えています。そうすることで言語面での負荷も軽減され発言しやくなります。

議論後は、教師からクラス・グループに向けてフィードバックします。フィードバックは、内容面に絞って、わかりやすく説得力のある発言ができたか、複眼的な視点で物事を考えることができたか評価します。

言語面のフィードバックは、クラスで共通して、そして繰り返し見られるミスに限り指摘します。文法やスペリングの間違いばかり指摘すると生徒は間違いを恐れて発言が減ってしまうので注意が必要です。

今後に向けて

議論の回数を重ねるにつれ、英語が苦手な生徒も一回の議論で一度は発言できるようになりました。また思考力を訓練することで、一回の発言量が増えただけでなく、論理的でわかりやすい発言もするようになってきました。

しかし、英語で議論できるようになったかと言えば、まだ不十分だと言えます。実践レベルまで高めるには、今後は文字チャットから口頭での議論へ橋渡ししていかなければいけません。そして、生徒全員が口頭での議論に参加できるようにするには、英語力の底上げが必要になります。

今後も指導を続けていき、TOEFL® テストで見られる議論のやりとりのように、相手の発言に柔軟に対応し、自分の意見をしっかりと発信できるような生徒に育てていきたいと考えています。

 

広島大学附属福山中・高等学校 川野泰崇先生
  • 広島大学附属福山中・高等学校 川野泰崇先生プロフィール
  • 広島大学附属福山高等学校英語科教諭。広島大学大学院教育学研究科言語文化教育学専攻修士課程修了。英検1級、国連英検特A級、通訳案内士資格(英語)、TOEIC®(L&R)スコア980、工業英検1級を取得。米国での留学経験から、パラグラフリーディング、パラグラフライティング、速読、スピーチ、プレゼンテーション、英会話など実践的コミュニケーションスキルの重要性に気づき、そうした能力の育成に力を入れている。2012年より英語ディスカッション指導に本格的に取り組んでおり、教材開発や研究発表を行っている。
  • 広島大学附属福山中・高等学校
  • 1951年に教育学部附属校として成立した学校。前身は1887年(明治20年)創立の山中高等女学校が国に移管されて設立された広島女子高等師範学校附属中・高等学校と、広島青年師範学校附属中・高等学校とが合体したもので、百年以上の歴史を持つ。1962年(昭和37年)、全国の学校に先がけて中・高一貫教育を実施。創立以来の自由・自主の伝統的校風は、学校のあらゆる教育活動に生かされており、チャイムが存在しないのも特徴の一つ。研究開発校としての取り組みも盛んで、平成27年度より、SGH(スーパーグローバルハイスクール) の指定校として、グローバルリーダー・地方創生リーダーの育成に力を入れている。
達人セミナーについて
  • TOEFL iBT® テストPropell® ワークショップについて
  • TOEFL® テスト主催団体ETSと当協議会が共同で毎年開催している英語教員対象のワークショップです。TOEFL iBT® テストにおける問題のねらい、採点基準や指導法等について理解いただき、今後の指導に役立てていただくことを主な目的としています。

    TOEFL iBT® テストPropell® ワークショップについてについて >>
上記は掲載時の情報です。予めご了承ください。最新情報は関連のWebページよりご確認ください。

TOEFL ITPテスト