• トップページ
  • データライブラリー >
  • 入学者選抜等におけるTOEFL iBT® テスト活用状況

TOEFL iBT®イメージ

データライブラリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

入学者選抜等におけるTOEFL iBT® テスト活用状況

グローバル化が進む社会において英語力は必須であり、教育現場では4技能をバランスよく身に付ける英語教育への取り組みが進められています。その一環として、文部科学省主導の「大学入試改革」においては、英語の4技能を測定するためTOEFL iBT® テストを含む英語の資格・検定試験の活用促進に力を入れています。
この流れを受けて、大学の入学者選抜試験でのTOEFL iBTテスト活用校は増えており、特に一般入試での増加は顕著です。
当協議会ではTOEFL iBTテストスコアの活用状況について調査を行っております。詳細は以下をご覧ください。