TOEFL iBT®

TOEFL® テストスカラシッププログラム

授賞式

2012年

2012年7月20日に、ザ・キャピトルホテル 東急にて奨学金授賞式がとり行われました。 当日は4名の奨学金給付対象者が出席し、ご家族、来賓、メディアの方々に囲まれる中、 ETS Globalの最高責任者であるザビール・ヤジッド氏より表彰状が授与されました。

2012年TOEFLテストスカラシップ受賞者 崔 元宇さん
崔 元宇 さん

宮﨑 彩 さん

吉川 歩 さん

佐藤 豪太 さん
 

本年は166名からの申込があり、2度の書類選考と電話でのインタビューを経て、5名が奨学金受賞者として選出されました。

受賞者の喜びの声をご覧ください。


崔 元宇さん 米国、Washington University in St. Louis進学予定
高校を卒業し、大人になろうとしている自分に大きな高揚を感じています。そして、これから自分に寄せられる期待と課せられる責任を重く受け止め、それを糧として未来へ進んで行きたいと思います。

 TOEFL®テストスカラシッププログラム 受賞者の声

 


 

吉川 歩さん 米国、The University of Chicago進学予定
TOEFLの奨学金を頂けることは、私にとって非常に幸運なことです。この奨学金は、最高の環境で勉学に励むことが出来る機会と共に、それに見合う成果を残さなければいけない責任を与えるものだと感じています。その事を胸に刻み、興味のある経済成長理論の研究に励みたいと思います。

 TOEFL iBT® テスト体験レポート

 TOEFL®テストスカラシッププログラム 受賞者の声

 


 

宮﨑 彩さん 英国、The University of York進学予定
高校生のときにTOEFL CBTを受けてから9年目でこのような機会を与えられてとても運命的であり、感激している。7歳のときからの夢である、文化財保全のエキスパートになる夢をこれから実現するためのファーストステップとして海外留学を考えた。 このスカラーシップをもらえたことは私にとってその夢をサポートしてくれる人がいる、ということの現れであり、とても心強い。感謝している。

 TOEFL iBT® テスト体験レポート

 TOEFL®テストスカラシッププログラム 受賞者の声

 


 

佐藤 豪太さん 英国、London Business School進学予定
日本の留学生で5名のみが受賞できるという狭き門に選ばれたということで第一に非常に光栄に思う。ロンドンではイギリス以外からも多くの国から留学生がくるので単に英語でのコミュニケーションという言語面だけでなく、議論の展開やロジックの構築も含めた新のInternational communicationができるようになりたいと思っている。

 TOEFL iBT® テスト体験レポート

 TOEFL®テストスカラシッププログラム 受賞者の声

 


 

吉川 ありささん カナダ、The University of British Columbia進学予定
I was very proud of myself. I was also very happy since the scholarship eases the economic hardship that my parents must suffer.

メディア掲載

Web

授賞式の様子や受賞者へのインタビューが以下のウェブサイトにも掲載されました

■教師力向上マガジン「キンジロー」ウェブサイト -授賞式-
http://www.g-education.com/news/event-seminar/2012/07/toeflr.html

■教師力向上マガジン「キンジロー」ウェブサイト -ザビール氏と受賞者との対談-
http://www.g-education.com/column/article/toeflrets-global.html

■マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2012/07/24/127/

新聞

Daily Yomiuri掲載 2012,8,30
Daily Yomiuri
2012,8,30
Daily Yomiuri掲載 2012,8,30
全私学新聞
2012,8,13・23合併号

雑誌

 
留学ジャーナル別冊・海外の大学・大学院留学完全ガイド2012-2013
留学ジャーナル別冊2012-2013版
海外の大学・大学院留学完全ガイド

 

イベントレポート

2013年開催のTOEFLテストスカラシップ授賞式のレポートを、TOEFL Web Magazineにて紹介しております。ぜひ、ご覧ください。

 CIEEレポート

 

詳細はプログラム主催の Educational Testing Service (ETS)Webサイトよりご確認ください。