TOEFL メールマガジン

CIEEレポート

バックナンバーはこちら

このコーナーでは、教育関係の皆様に耳よりの、CIEE日本代表部が主催・参加したセミナーやイベント等についてレポートします。

今回は、8 月に開催した教職員対象イベント第1弾「教職員セミナー」と第2弾「教職員海外派遣研修報告会」の2つのイベントについてご報告します。

教職員対象イベント 第1弾

「国際社会に通じる英語を、大学は学生に意識付けることができるか
~TOEFL®テストITP・Criterion®の有効活用~」

国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部
国際交流促進部 景山 傑

去る8月2日(月)、東京・表参道 こどもの城にて「国際社会に通じる英語を、大学は学生に意識付けることができるか」と題して大学・短大・高校の教職員の皆様を対象としたセミナーを開催しました。

今回のセミナーは「国際化」「国際人養成」がキーワードとして多くの大学に掲げられている中、その具体的な取り組みを、横浜市立大学、早稲田大学の先生にご発表いただく形で開催しました。横浜市立大学からは、プラクティカルイングリッシュセンター長 カール・マクガリー先生より横浜市立大学の英語プログラム、「プラクティカルイングリッシュ」についてのお話を、早稲田大学からは、商学学術院 鈴木利彦先生より、オンラインライティングツール、Criterionを活用したライティング授業の取り組みについてお話をいただきました。

【横横浜市立大学【早稲田大学商学学術院 鈴木利彦先生】プラクティカルイングリッシュセンター長 カール・マクガリー先生】

【横浜市立大学プラクティカルイングリッシュセンター長 カール・マクガリー先生】

【早稲田大学商学学術院 鈴木利彦先生】

【早稲田大学商学学術院 鈴木利彦先生】

当日は29の大学・短大・高校から33名の方々がご参加になり、発表終了後、参加者の方から活発な質問も飛び交い、アンケートからも「学生のモチベーションを上げるためにどういった要素や方法が必要なのかを聞くよい機会になった」といった声が寄せられ、活気あるセミナーとなりました。

セミナー実施概要はこちら

 

教職員対象イベント 第2弾

CIEE 教職員海外派遣研修報告会

国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部
国際交流促進部 御所園 雅子

8月29日(日)、京都市国際交流会館にて、『教職員海外派遣研修報告会』を開催しました。残暑が厳しい中、英語の先生や教育委員会の方等にご参加いただき、盛況のうちに終了しました。

第1部は、2008年度にイギリスのイーストアングリア大学の研修に参加された小島文恵先生より、研修先の様子や研修内容についてお話をしていただきました。児童英語のアクティビティのみならず、子ども達にとってこの授業はどのような意味があるのか、どのようなスキルが身に付くのかといった分析についても学ぶことができ、非常に有意義な時間を過ごせたとの事でした。小島先生は、当研修に参加した事がきっかけとなり、現在、滋賀大学大学院教育研究科学校教育専修で児童英語についてご研究をされています。

ソルトレイクシティー郊外、サンディーの小学校

【イーストアングリア大学】

第2部は、昨年、アメリカのユタ州にある小学校でのインターンコースに参加された、岐阜市立岩野田北小学校の小林恵子先生より、日本とアメリカの教育の違いやご自身が担当された授業内容についてのお話しをしていただきました。研修期間中は、受け身ではなく、積極的にいろいろな事にチャレンジし、主に3年生の子どもたちへ、日本文化や算数等の授業を担当したとの事でした。帰国後は、同僚の先生方へアメリカでの授業の様子をご報告されたそうです。なお、当研修は、今年度より大学生も参加可能なコースが新しくできました。

イーストアングリア大学

【ソルトレイクシティー郊外、サンディーの小学校】

今回は初の試みとして報告会を開催しましたが、参加者からは「写真が沢山あって現地の様子が良く分かった」、「人材育成の大切さが分かった」などと好評でした。これからもCIEEでは本研修に参加いただいた先生方のお声を報告書等の様々な形でお届けしていきたいと思います。

イベント実施概要はこちら

教職員海外派遣研修プログラム内容はこちら

 

今後も、CIEEではこのような教職員向けイベントを開催いたしますのでお楽しみに。詳細が決まり次第、TOEFLメールマガジンや、CIEE Webサイトのイベント情報ページにてお知らせします。

▲このページのトップへ戻る▲