TOEFL メールマガジン

俳句で一息 Haiku Time

バックナンバーはこちら

このコーナーでは俳人 灯声こと中村忠男さんに、世界で最も短い詩の形といわれる「俳句」について、日本語・英語のバイリンガルで俳句の魅力・楽しさを解説いただきます。
中村さんは、日航財団の常務理事として勤められるかたわら、世界に発信する文化として日本語・英語両方での俳句作りに取り組まれています。毎月の中村さんの季節感あふれる一句と、季語や句への思いがどう英語になっていくのかを是非お楽しみください。

中村 忠男氏

灯声(中村 忠男氏)プロフィール
1950年生 東京大学法学部卒
1972年 日本航空入社
2007年~2010年 財団法人日航財団常務理事として俳句事業などに携わる
ジョージタウン大学大学院国際関係修士(1978年)
俳誌「春月」同人

勿忘草異国でも名に変はりなく

Forget-me-not
no change in the name
in the foreign country

(解説)

勿忘草(忘れな草;forget-me-not)は晩春から初夏の花。青色の小さな花をたくさん咲かせます。名前の方が実物より有名かもしれません。岸辺に咲いたこの花を摘もうとして誤って川に落ちた騎士が、「僕を忘れないで」と恋人に言って死んだことからこの名前が付いたと言われます。元々はドイツ語です。英語でも日本語でもこうした同じ名前の由来をもった花は珍しいかもしれません。この句は、花の名前の意味が外国でも同じである勿忘草について詠んだだけでなく、外国に行っても名前を変えずにいる人のことも詠んだつもりです。それで定冠詞theを使っています。長く住んでいると結婚して名前が変わることもあるでしょう。実際に名前が変わった知人が自分の周りに何人かいました。そんな感慨を込めています。

▲このページのトップへ戻る▲