TOEFL メールマガジン

俳句で一息 Haiku Time

バックナンバーはこちら

このコーナーでは俳人 灯声こと中村忠男さんに、世界で最も短い詩の形といわれる「俳句」について、日本語・英語のバイリンガルで俳句の魅力・楽しさを解説いただきます。
中村さんは、日航財団の常務理事として勤められるかたわら、世界に発信する文化として日本語・英語両方での俳句作りに取り組まれています。毎月の中村さんの季節感あふれる一句と、季語や句への思いがどう英語になっていくのかを是非お楽しみください。

中村 忠男氏

灯声(中村 忠男氏)プロフィール
財団法人日航財団 常務理事
1950年生。東京大学法学部卒
1972年日本航空入社
2007年より現職
ジョージタウン大学大学院国際関係修士(1978年)
俳誌「春月」同人

けふは子とくぐる母校の桜かな

Walking with my son
under the same cherry blossoms
at the gate of my alma mater

(解説)

これは、作者の所属する俳句会で高得点を得た句で、かつ特選となった思い出深い作品です。何の解説も必要ないほどわかりやすいので、俳句って簡単なんだと思っていただければ、このコラムを担当する者としてうれしい限りです。ただし、俳句は作者と読者の共同作業ですので、この句も、読む人によって「母校」のイメージが違ってくると思います。入学する子どもと一緒に歩いているのは小学校の桜の下、それとも、中学、高校、大学かもしれません。読む人それぞれに味わっていただければと思います。なお、作者がイメージしたのは小学校でした。また、英訳は「子」をsonとしていますが、daughterの方が似合うという意見があるかもしれません。ただし、こういう場合childは使いません。

▲このページのトップへ戻る▲