TOEFL メールマガジン

ユーザーの声

バックナンバーはこちら

このコーナーでは、TOEFLテストの実施運営団体であるETSのプロダクツをご利用いただいている高等学校・大学での導入事例を、現場の教室からお伝えします。

ETSプロダクツとは、TOEFL PBT(Paper-Based Testing)テストの過去問題を使った「団体向けTOEFLテストプログラム:TOEFLテストITP」や、インターネットに接続できる環境があればどこからでもアクセスができ、短時間で採点とフィードバックを自動で行う、ライティングの授業には欠かせない「ライティング指導ツール:Criterion」など、現在日本国内のみならず世界の教育現場の皆様に多くご利用 ・ご活用いただいているETS開発のテスト・教材です。

今回はCriterion、およびTOEFLテストITPを導入されている名古屋大学の福田眞人先生のインタビューをお届けします。

名古屋大学では、平成21年度より英語教育に関する新カリキュラムがスタートしました。

この新カリキュラムでは、学生の英語力低下と学生間の英語力格差を背景に、専門書を読み、論文を書き、また学会などで学術発表ができること、また、卒業して社会に出たときに種々の職場で仕事の道具として使いこなせることを目指し、その実現への方法として、(1)検定試験の一斉受験、(2)習熟度別コース編成、(3)eラーニング教材を用いた課外学習による学習量の増加、(4)パラグラフ・リーディング、パラグラフ・ライティング、プレゼンテーションを中心とした授業が行われることになりました。

そこで、習熟度別にコースを分けるために全入学生2,218名を対象に、2009年4月にTOEFLテストITP*、そしてCriterion を利用して、与えられたテーマの英作文を書く試験が実施されました。

今回はその推進役として中心に立たれた国際言語文化研究科福田眞人先生にお話を伺いました。

*名古屋大学では「TOEFL-ITP試験」と呼んでいるため、インタビュー内の呼称も「TOEFL-ITP試験」としています。

福田眞人

福田眞人(ふくだ・まひと)先生プロフィール
京都市出身
名古屋大学大学院国際言語文化研究科教授
東京大学大学院総合文化研究科修了(比較文学比較文化)
オックスフォード大学ウエルカム医学史研究所客員研究員
ハーバード大学科学史学科客員研究員
デリー大学客員教授などを歴任

著書
『結核の文化史』(名古屋大学出版会、1995)
『結核という文化』(中央公論社、2001)
『日本梅毒史の研究』(思文閣出版、2005)
『北里柴三郎』(ミネルヴァ書房、2008)

新カリキュラムスタートの経緯

編集部:
今春、新カリキュラムに沿って、全新入生を対象にTOEFL-ITP試験とCriterionを実施されました。これは非常に大規模で、他に例を見ないユニークな取り組みだと思いますが、導入に至った経緯を教えていただけますか。
福田:
一つには大学の国際化、グローバル化と密接に関わっています。もう一つは、学生の英語力が十分に伸びていないことが要因です。非常に残念ですが、大学を出る段階で英語で論文を読み、書き、国際学会で発表するにいたるまでの基本的な英語力が身についていない。国際水準が必要だという想いが先生方の中にも大きくなってきていました。
英語圏の大学で学術的な文章を読んだり書いたりする際に文章の構成法として当然誰もが心得ているべきものとして教えられるパラグラフ・リーディング、パラグラフ・ライティングを中心にしたカリキュラムを組みました。日本の国語教育の中ではあまり意識的には教えられてこなかった「段落(パラグラフ)」を中心にした文章の構成法ですが、英語圏では一つのパラグラフには必ず一つの大切なセンテンスがあり、それを支えるセンテンスがあるという構造になっています。つまりトピック・センテンスとサポーティング・センテンスです。そういった構造をあらためて一からきっちり教えようということです。TOEFL-ITP試験とCriterionの実施は、一方で、国際水準に照らし合わせて基礎的な英語力が足りない学生への学習量の増加と、もう一方で、論理的な英語の文章を書けるようにするというアカデミックイングリッシュを目的としていることを内外に明示的にアピールするために導入されました。
日本人の英語力は低いと言われていますが、それは中高の英語教育の問題、家庭教育の問題、あるいは国家的な取り組みの問題など色々あげられましょう。しかし個人的には、英語教育そのものの方法に問題があったのかもしれないと考えています。
編集部:
本来、国立の大学であれば、ある程度の英語力をもって入ってきていることが前提にあって、大学は高等教育機関として、より専門的なことを学ぶことになっているはずですが、それがなかなか機能していないという大学が多いようです。そうしますと、今回の新カリキュラムに至る前提としては、ここ何年かにわたって、入学する学生さんの英語力が低下傾向にあると感じていらっしゃったということでしょうか。
福田:
低下している、あるいは劣化していると感じます。中学校では以前週5時間だった英語が、近年は週3時間でした。ある学生の話によると、英語の授業で発音を聞いたことがないと言うのです。つまり中高の英語の授業において、先生が生徒に読ませるとか、あるいは先生自身が読んで聞かせるということを十分にやっていないのではないかと思います。
編集部:
ところで、このカリキュラムの導入にいたるまでには、大学の中でも様々な意見があったのではないでしょうか。
福田:
福田氏どこの学部からもありました。以前ある学部において、英語力向上のために集中的な補講を行ったことがあるのですが、全然力が伸びていないということがわかったときの衝撃は大きかったです。お金の問題ではなく、もっと何か根本から変えなくてはいけないと、その方法を皆で探っていた時に突き当たったのが、先ほど申し上げた英語圏の学校制度の中で当然やっている思考方法を学ぶということでした。
編集部:
いわゆるシステマティックに学ぶというプロセスですね。
福田:
実は「グローバル30」、「留学生30万人計画」とも結びついているのですが、平成23年の10月から英語で行われる授業が大学のいくつかの研究科で実施されます。また、工学系のJABEE(日本技術者教育認定機構、Japan Accreditation Board for Engineering Education)という認定制度があり、名古屋大もその認定を受けることになっています。この認定を受けると、ある学期は名古屋大学で単位を取り、ある学期はイギリス、ある学期はシンガポールで取るとしても全部共通単位として認定できます。そのような留学生が名古屋大学で学ぶようになるということも背景にあります。そういった大学の国際化が進行している中で、外国からいろんな優秀な学生が来たときに、日本人学生の英語力を上げておかないと、あまりにも格差が激しすぎて取り残されるという問題が起こることは明白です。そこでとにかく底上げを図ろうとしています。名古屋大学で勉強しても、どこか外国の大学に行っても同じ水準で授業を受けられるようにすることが目標ですね。

新カリキュラムの具体的な内容

編集部:
では新カリキュラムの具体的な内容についてお聞かせください。
福田:
はい。今年の新入生2,218名をTOEFL-ITP試験とCriterionを利用して、学部ごとに習熟度別A、B、Cの3つのレベルに分けました。Aは非常に良くできる人。その人たちのために上級用プログラムを作りました。Bは一般的な人。そしてCはいわば中高で充分に英語の基礎学習を終えていない人。このクラスをサバイバル・クラスと呼び、このクラスを習得済みにしなければ2年生に進学できないという形にしました。先生のほかにTA(Teaching Assistant)をつけて、そこでもう一度復習をするために、CALL(Computer Assisted Language Learning)教室でコンピュータを使って文法や読み物を大量にやっています。そして1年の終わりにまたTOEFL-ITP試験とCriterionで試験を行い、Cレベルをクリアして充分にBレベルに入っているかどうかを見極めた上で、2年次の段階に行かせます。こうすることで、Cレベルに力を注いで「底上げ」を進めることが出来ます。Aレベルをさらに引っ張り上げ、Cレベルは底上げし、真ん中のBレベルもいい授業をやることによって、全体の力が伸びるだろうという考えです。
また、全体として統一の取れたシラバスで、カリキュラムを組むということも進めています。今までは先生が主体的に進める授業が中心で、自分の選択した教科書で自分の教えたいように教えていました。現在は、自分は今、全段階の内でこの段階を教えていますという、FD(Faculty Development)が絡んでくるような新しい取り組みを始めています。

CALL教室

名古屋大学の英語教育の基本姿勢として、学部教育、大学院教育において、English for Academic Purposes =EAPを習得してもらうということがあります。それは昔風に言えば教養課程の全学教育で、次に専門課程でその教育に上積みし、更に大学院ではEnglish for Specific Academic Purposes =ESAPという使用分野が特殊な学術英語を習得します。今回の新カリキュラムはその前の準備段階という位置づけです。

また、大学としてもこの新しい試みを3年から5年は必ず続けるという前提でチームを組んで、新しい教材も開発しています。一年目の今年は、例えばCALL教室では「ぎゅっとe」というeラーニングを使っていますが、学内で新しく教材を開発する開発費もついています。この新たに開発された教材が、今後の英語の伸びをどれだけ広げるかということにも影響するように思います。文部科学省も名古屋大学のこの語学教育に対する新しい取り組みに非常に関心を持って注視しています。その理由は名古屋大学が旧七帝大の一翼を担っているということもあるかもしれませんが、それ以上に、効果的な英語教育を大学で施して欲しいという願いが込められているように思います。

現時点での反応、実績、感想

編集部:
現時点での学生や先生方の反応や実績、感想などはいかがでしょうか。
福田:
4月に始まったばかりなので、検証が終わっておらず正直なところまだわかりません。実はこの新カリキュラムが始まる前の昨年、2~300名で新カリキュラムのトライアルをし、その効果をCriterionで計ってみたところ、英作文の力が統計的に有意に伸びたという結果がでました。もちろん専門家の先生が付いたということも要因としてあったのかもしれませんが、はっきり目に見えるほど伸びているのを見ると、全学的な底上げは可能だという印象をもっています。これからどのくらい学生の力が伸びて、実用的に使う力を身につけるかということも非常に興味深いところです。ただ、Aレベルも上げるし、Cレベルも底上げするという方法が本当に同時に実施することが可能なのかどうかという点や、学生にとって効果があるのかどうかといった点は、現時点ではまだわかりません。初めての試みですので、先生方には戸惑いもあります。まもなく学生に対するアンケートを実施しますが、それによって学生がどう考えているか、どう受け止めているかということもわかってくると思います。前期の失敗を改良点としてうまく後期に活かして1年目をなんとか走らせて、次に2年目である来年度に更に英語力を身に付けてもらえるようにと、願っています。この2年が終わったとき初めて一つの全体像が完成します。そこで初めて、成功だったとか、よくできたとか、あるいは訓練が足りなかったとか、個別の先生ごとに問題が違ったというようなこともわかってくるでしょう。現時点でも何名かの先生方からフィードバックをいただいているのですが、予想以上にうまくいってるという声が多いので、比較的順調に走り始めていると感じています。
また、来年1月には再度TOEFL-ITP試験とCriterionを受験させて実力を測り、今年4月の結果とどう変わっているかを見たいと思います。

今後の展望

編集部:
実際のゴールとしては、2年生が終わった段階でどのような成果を期待されているのでしょうか。さらに、課題を含む今後の展望や夢についてお聞かせください。
福田:
具体的にはまだ完全に詰めてはいませんが、全学協働体制でやるということだけは、話はつけています。ゴールとしては専門課程に入ったとき、原書を読んで、レポートを英語で書くときに心理的な負担がない状態になっていること、それを英語で発表できることと言えます。
それから先ほど申し上げた「グローバル30」、「留学生30万人計画」ともリンクせざるをえません。どの学部にも大学院にも留学生が来る訳ですから。当然人間的な接触も増えるだろうし、授業そのものが、英語も日本語もあり、両方取らざるを得ないような場面がこれから生ずるということが考えられます。学生が英語なんて要らないよと言えるような時代ではもうないし、むしろ、なんで今までこんなに英語力が伸びなかったのかなというほうがかえって疑問といえば疑問です。
また、名古屋大学は「国際学術コンソーシアム(AC21=Academic Consortium21)」という国際的な学術ネットワークを世界の18大学と組んでおりまして、それぞれのキャンパスを順番に回りながら学術的な交流をしており、名古屋大学がイニシアティブをとっています。そういう意味でも、そこに人材を輩出していかなければいけませんから、英語教育・習得は本当に切羽詰った問題です。「国際学術コンソーシアム」、JABEE、それから「グローバル30」、これら全部が益々お互いにリンクしてきます。英語による授業も平成23年10月から走り出し、英語に関する教育をどんどんやってくださいという流れになってきている。そういう意味でも、こういった教育計画を立てて実行して、途中でやめることはできませんし、更に改良して良い形で、学生達に英語力がごく自然についているということが、大前提でしょうね。それができれば、私たちの役目も少しは果たせたということですね。
編集部:
名古屋大学の英語教育を受けて、自分で発信する力がある程度ついたということになれば、それは大きく未来を開くことになっていくのではないでしょうか。
福田:
そうですね。そこから問題になってくるのはまさに人間力であって、語学は出来て当然といった社会かもしれませんね。私が英国にいたときに非常に印象深かったのは、トヨタの研究所の友人がやって来て、これから学会だと言うのです。仲間と発表するのか、と聞いたら、いや会ったこともない人たちがベルギーから、ロンドンから、東京からその場に集まって、そのまま発表に行くと言うんですね。今まで会ったことのない人と、即、話をして、そのまま発表に行くというパターンには驚きました。そうすると、もう単なる語学力でなくて人間力の話です。協調、共感といったことも含め、文化的にそれをどう表現するかという問題が、実は単なる英語力でなくて、英語に付随した文化力みたいなものだと思うのです。こういったことを踏み込んで教えたい。それが最終目標ですね。単なる言語教育ではなく、「言語文化教育」と称しているのはそういう意味です。

▲このページのトップへ戻る▲