TOEFL Mail Magazine Vol.60

 ホーム > TOEFL®メールマガジン > 第60号 > メッセージ
今号目次
特設インタビュー
達セミに学べ
SELHi校の試行錯誤
HASSHIN!耳より情報
公式サイト お宝発掘隊
For Life-long English
言葉の玉手箱
メッセージ

オフィシャルサイトへ
TOEFLテストトップページ
TOEFLテスト教材ショップ
TOEFL ITP テスト
Criterion

TOEFL WEB MAGAZINEへ


TOEFLメールマガジン 6周年を迎えるにあたって


Thembi Ford Business Developer Associate
ETS Global Division

Thembi Ford
Business Developer Associate
ETS Global Division


My name is Thembi Ford and I am responsible for Japan at ETS. I just got back from a two week trip in Asia and had a great time in Tokyo! I got the chance to see testing centers in Japan and plan for future TOEFL iBT administrations through meetings. I loved eating sushi, eating yakitori, and doing karaoke with my friends. Although we have karaoke in the United States it’s nowhere near as fun as Japanese-style! Even though it was very hot outside, I got the chance to tour the city and pray at a Shinto temple, where I ran into a Sumo wrestler! The trip was classic Japan from start to finish.

Over the last year TOEFL iBT has proven itself to be the best signal to universities that you have the English skills needed to succeed.

We at ETS are very confident that TOEFL iBT will continue to be the gold standard for English Language achievement worldwide.

Not only is this the 6th year of this newsletter, its is ETS’s 60th anniversary, and I am very happy to have the chance to say hello to our test takers in Japan! Domo Arrigato!

 

国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部 根本 斉

根本 斉
国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部
TOEFL事業部長


2007年9月号を持ちまして、私どもCIEE TOEFLメールマガジンは6周年を迎えることができました。これもひとえに読者の皆様の支えがあってのことと、この場を借りまして厚く御礼申し上げます。 ITの進化はドッグイヤーで進むと言われます。TOEFLテストも紙と鉛筆のペーパー版から、インターネットベースのTOEFL iBTへ、まさにドッグイヤーの進化を遂げたと言っても過言ではありません。しかし、いくらITが進化したとはいえ、学ぶのは人間であり、また学んだ言葉を使うのも人間です。いかにITが進んだとしても、7年間分の勉強量を1年で頭の中に詰めこんでしまうことは(今現在では)難しいことのように思えます。 6周年を記念して、清泉女子大学の大杉正明先生にお話を伺うことができました。大杉先生のお話を伺う中で、英語を学ぶことは世界の多様性を学ぶことであり、あるいは簡単便利で速習的な学びではなく、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4分野を地道に学んでいくことこそ、英語上達の王道であることをあらためて実感いたしました。

最後になりますが、これまで寄稿、ご執筆いただきました諸先生方に心より御礼申し上げますとともに、このメールマガジンが、今後もTOEFLテスト受験を考えておられる方々、教育機関に携わる方々、様々な読者の皆様のお役に立つ読み物でありますよう、編集者一同努力してまいります。今後とも皆様のご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

上記は掲載時の情報です。予めご了承ください。 最新情報は関連のウェブページよりご確認ください。
© CIEE, 2008 All Rights Reserved.