TOEFL Mail Magazine Vol.58 June2007
 ホーム > TOEFL®メールマガジン > 第58号 > TOEFL® iBTを受けてみよう
INDEX
今号目次
SELHi校の試行錯誤
公式サイト お宝発掘隊
HASSHIN!耳より情報
TOEFL®iBTを受けてみよう
イベントレポート
For Life-long English

オフィシャルサイトへ
TOEFLテストトップページ
TOEFLテスト教材ショップ
TOEFL ITP テスト
Criterion

TOEFL WEB MAGAZINEへ

TOEFL iBTを受けてみよう

日本で2006年7月よりスタートしたインターネット版TOEFLテスト(TOEFL iBT)。
TOEFLテストをこれまでに受験したことがある方、現在スコアアップのために何度もチャレンジしている方、そしてこれから初めて受験する方。TOEFLテストの経験度合はそれぞれだと思われますが、新しい形式のインターネット版TOEFLテストに対する不安や心配は皆さん一様でしょう。このコーナーでは、申し込みの流れから取得スコアの確認に至るまでの一連の流れを一緒に見ていきましょう。


前回までの復習

第9回:TOEFLテストスコア(後編)
今回は「Official Score Report」について説明します。
- Official Score Reportとは?-
Official Score Report」とは、TOEFLテスト実施団体である米国ETSから直接志望先へ送付されるスコア票のことです。 ETSでは、TOEFLテストスコアを入学審査書類の一部として利用する場合は、受験者に送られる「Examinee Score Report」の原本やコピーではなく、受験者の手を通さずにETSから直接送られる「Official Score Report」を利用することを推奨しています。
- Official Score Reportを送付するには?-
Official Score Report」は、受験者がETSへ所定の手続きをすることにより送付されます。これにより、2年以内に受験したテストのスコアであれば、学校・企業・団体など、どこへでも、何箇所でも送付してもらうことができます。

Official Score Reportを送付する

- 送付手続き -
ここでは、2年以内に受験し既に点数が確定している過去のスコアの送付手続について説明します。
(テスト前日までの送付手続き(4校まで無料)の詳細はこちら)。

送付手続をするには、
【A】インターネット
【B】専用用紙に記入してFaxまたは郵送
という2通りの方法があります。
Official Score Report」の送付手数料は、1箇所につき17ドルです。

【A】インターネット
My Home Page」にアクセスし、「Register for a Test / Order Score Report」をクリックして指示に従い画面を進め(詳細はこちら)、 「いつ受験したテストのスコアを送るか」を選択し、そのスコアの「送付先」を指定します。送付先の指定方法は以下の4通りあります。

a
国名や都市名を指定し、表示されたリストから送付先を選ぶ
b
正式名称または名称の一部を直接入力し、表示された該当の大学・団体から送付先を選ぶ
c
送付先のInstitution Code Numberを入力する
d
a〜cのいずれの方法でも送付先が出てこない場合、送付先の正式名称と住所を直接入力する

送付先を指定し終えると、最後に支払い画面が表示されます。支払いは、クレジットカード(VISA, Master ,American Express, JCB)のみです。

B】専用用紙に記入してFaxまたは郵送
TOEFL iBT Official Score Report Request Form」という専用用紙が必要です。これはTOEFLテスト公式WEBサイトからダウンロードするか、「Examinee Score Report」に同封されていたもの、またはBulletin添付のものを使用します。 この用紙に、「いつ受験したテストのスコアを送るか」とそのスコアの「送付先」を記入します。送付先は、以下のいずれかを記入して指定します。

a
送付先のInstitution Code Numberを記入する
b
送付先の正式名称と住所を記入する

支払い方法は、用紙をFaxする場合と郵送する場合とで異なります。
Faxで手続きする場合:クレジットカード*
郵送で手続きする場合:国際郵便為替、送金小切手、クレジットカード*
*(VISA, Master ,American Express, JCB)

送付先は、米国ETSです。
Fax1-610-290-8972
郵送:ETS-TOEFL iBT
 PO Box 6153, Princeton, NJ 08541-6153, USA

- 手続き時の注意点 -
送付先の指定
いずれの送付方法でも、「Official Score Report」の送付先にInstitution Code Number〕がある場合は、必ずこれを用いて送付先を指定してください。
Institution Code Number〕とは、TOEFLテストスコア利用大学・団体等がETSから「Official Score Report」を受け取るために取得している番号で、この番号で指定すると自動的に送付先が確定され、「Official Score Report」が指定された大学・団体の部署に間違いなく送られます。 〔Institution Code Number〕は入試要綱などに記載されていますが、記載が無い場合は送付先に確認してください。
Department Code
Department Code〕欄には、送付先が大学の場合は00(ゼロ2つ)を入力(記入)します。
大学院の場合には、送付先が指定している番号または該当の番号を、リストから選んで入力(記入)します。
- Official Score Report が送付先に届くまでの日数 -
Official Score Reportが発行されるまでに必要な日数は、以下のように手続き方法によって異なります。
インターネット:手続後4〜7日
FaxETSが受け取ってから2週間
郵送:ETSが受け取ってから2週間

上記の日数に、さらにETSから発送されてから送付先に届くまでの日数を加算する必要があります。下の図は、過去2年以内に受験し既にスコアが出ているTOEFL iBTの「Official Score Report」送付手続きをした際の一連の流れを示したものです。 例えば6月1日に志望大学へ送る手続きをした場合、それぞれの方法による〔受験者の手続〕から〔大学受取〕までの流れとおおよその日数とを示しています。
上の図はあくまでも目安です。送付先に届くまでの期間は、受験ピーク時(9月〜12月)や米国の祝祭日、郵送事情により、これよりも長くかかることもあります。 したがって、スコア提出期限が決まっている場合は、余裕を持って受験およびOfficial Score Report」送付手続きを行ってください。

上記は掲載時の情報です。予めご了承ください。 最新情報は関連のウェブページよりご確認ください。
© CIEE, 2007 All Rights Reserved.