TOEFL Mail Magazine Vol.40

セミナー報告
TOEFL®教育者セミナー2005 夏〜特色ある英語プログラムにおけるTOEFL®-ITP活用法
〜評価基準共有の観点から新たな高大連携の可能性を探る〜

 TOEFL事業部では、大学・高等学校をはじめとした国内教育団体への情報提供として、毎年夏に「TOEFL教育者セミナー」を開催しています。TOEFLテスト実施運営団体であるETS関連のプロダクツをご利用の各教育機関の導入事例とともに、テーマ別に内容を掘り下げる努力を継続してきました。
 この度は、特色ある大学および高等学校におけるTOEFL-ITP(団体向けテストプログラム)の導入の経緯から利用事例、今後への考察までを含めた興味ある内容となりました。また、新たな試みとして、事例発表校の生徒の声を聞く目的で学生へのインタビューを基にビデオを作成し、上映しました。(国際教養大学協力による)

 
 開催概要
日時: 2005年8月30日(火) 13:45〜16:30(16:40〜懇親会)
場所: 東京ウィメンズプラザ 視聴覚室全室
構成:
国際教養大学(AIU)
EAP(English for Academic Purposes) ディレクター Dr. Al Lehner
  Institutional Testing Program (ITP):
Standard Measurement for Placement and Promotion in a University EAP Program
国際基督教大学(ICU)
ELP(English for Language Program) Dr. Paul Wadden
  Use of the TOEFL in the University Setting: An ICU Case Study
北海道札幌国際情報高等学校 英語科 小西 晃 教諭
 

SELHiでのTOEFL®-ITPの活用についての報告

国際教養大学(AIU)の学生へのインタビュービデオ
 

 【発表1】--発表者:国際教養大学(Akita International University) EAPディレクター Dr. Al Lehner

CIEEセミナーの様子 2004年に設立されたばかりの国際教養大学は全国初の公立大学法人として設立され、全プログラムを英語で行う特色ある大学の1つです。
  English-for-Academic-Purposes Programでは、入学時の英語レベルにより3段階にクラス分けされたContent-basedのプログラム内でTOEFL-ITPを利用されています。7.5週間ごとに実施するTOEFL-ITPでは、生徒の着実なスコアの伸びがみてとれるとの発表でした。
  生徒たちは、1年目は全寮制ということもあり、夜遅くまで図書館で勉強する姿をよく見かけるそうです。
 【発表2】--発表者:国際基督教大学(International Christian University) Dr. Paul Wadden

CIEEセミナーの様子 リベラル・アーツ教育プログラムを提供している特徴ある大学の1つとしても有名な国際基督教大学でのTOEFL-ITPの導入事例を発表いただきました。TOEFL-ITP導入当初からELP (English Language Program)に携わっていたDr.Waddenからは、TOEFL-ITPのリーズナブルな価格やスコアの学内での自由な利用が可能である点を利用の要因の一つとしてあげられました。また、学内でのハンドリングという点からもアドミニストレーションがしやすく、独自にフォーカスしたいセクションを重点的に利用できるなども重要なポイントであり、世界的に認知されているTOEFLテストの団体向けテストプログラムは、"Reliable ,"Widely recognized Standard"であるとおっしゃっていました。

 【発表3】--発表者:北海道札幌国際情報高等学校 英語科 小西 晃 教諭

CIEEセミナーの様子 SELHiのプログラムの一部でTOEFL-ITPを活用された国際文化科での事例を、その他の外部試験との比較も含めた形で発表いただきました。
 世界基準の英語力測定ができ、分野別伸張度が測れるTOEFL-ITPは、高校を卒業した後の将来の英語学習に対する指針とすることができるため、高等学校レベルでも是非利用したかったものであるとのコメントがありました。
 また、SELHiプログラムを終了した時点で、生徒対象で行ったアンケートでは、「TOEFL-ITP の導入が効果があった」と半数の50%の生徒が回答したことには、先生ご自身も驚かれていました。


 各発表のあとには、大学・高等学校の枠を超えた様々な質問が挙げられ、皆様からの積極的なご発言で、なお一層有意義なセミナーになりました。
またセミナー終了後には、CIEEのレセプションエリアでささやかな懇親会を開催しました。多数のご登録をいただき、当日も高校・大学および教育関係者の皆様に、各々の取り組みについて情報交換やネットワーク強化の場としてご活用いただけたと思います。

 2005年の教育者セミナーも好評のうちに終了することができましたこと、スタッフ一同心より感謝申し上げます。

*なお、このセミナーの報告書を現在作成中です。完成次第、このTOEFLメールマガジンおよびCIEEホームページにてご案内いたしますので、あわせてご確認ください。


TOEFLテストITP < TOEFL-Institutional Testing Program>
 

TOEFL-ITP(Institutional Testing Program)とは、TOEFLテスト作成・運営元であるETSが提供するTOEFLの団体向けテストプログラムです。問題は、過去ペーパー版TOEFLテストで出題されたものを再印刷して利用しており、スコアは公的なものではありませんが、TOEFLスコアと高い相関関係があります。世界中の教育機関等で利用されており、グローバルスタンダードの英語テストとして団体独自の目的に合わせた利用が可能です。
※団体対象のプログラムですので、学生や受験希望者は申し込めません(個人の集まりでの実施は不可であるため)。あらかじめご注意下さい。

*** 詳しくは、こちらをご覧下さい。***

 TOEFL事業部ではTOEFLテスト日本事務局として、これからも日本の英語教育になお一層TOEFLテストをお役立ていただけるよう、様々な企画を実施してまいります。ご案内は、TOEFLメールマガジンとCIEEホームページに掲載いたしますので、読者の皆様も機会がございましたら是非ご参加下さい。

上記は掲載時の情報です。予めご了承ください。 最新情報は関連のウェブページよりご確認ください。
©2006 All Rights Reserved.