TOEFL メールマガジン

My Phrase My Word

バックナンバーはこちら

外国に留学すると、学校では習わなかったフレーズや単語を頻繁に耳にすることがあります。最初はわからなくても、日常の会話でその国の人がよく口にするフレーズや単語は、すぐに使い方を覚えられるので、身につくのも早いようです。このコーナーではそんなフレーズや単語を紹介。今回は、国際交流関連のお仕事をされている男性からのご寄稿です。

小菅 洋史さん

“ I’m in charge of ○○ ”“私は○○担当です。”

今回は英語に苦手意識のある方向けのコラムです。

英語で自己紹介しなければならない場面にて、挨拶から後が出てこない!という緊急事態に陥った経験がある方も少なくはないのではないでしょうか?

そんな時にとりあえず、自分が何者であるのかを続けて説明できる、お役立ちフレーズです。もちろん英語が得意な方には当たり前なものだと思いますが、“海外への留学経験なんてない!” “英語を話さなければならないが、まとまった勉強の時間が取れない!”という方にとっては救世主だと思います。

社会人ならば所属部署や担当を、学生さんならば、学部や専攻科目を”major in ~”で続けて、会話をつなげるひとつのチャンスを作りましょう。

入職当初、留学経験もなく、英語での自己紹介もままならなかった私が、まず助けられたフレーズです。

*寄稿者の主観によるものですのであらかじめご了承ください。

▲このページのトップへ戻る▲