TOEFL メールマガジン

俳句で一息 Haiku Time

バックナンバーはこちら

このコーナーでは俳人 灯声こと中村忠男さんに、世界で最も短い詩の形といわれる「俳句」について、日本語・英語のバイリンガルで俳句の魅力・楽しさを解説いただきます。
中村さんは、世界に発信する文化として日本語・英語両方での俳句作りに取り組まれています。季節感あふれる一句と、季語や句への思いがどう英語になっていくのかを是非お楽しみください。

中村 忠男氏

灯声(中村 忠男氏)プロフィール
1950年生 東京大学法学部卒
1972年 日本航空入社
1978年 ジョージタウン大学大学院国際関係修士
2006年~2010年 日航財団常務理事として俳句事業などに携わる
俳誌「春月」同人
国際俳句交流協会(Haiku International Association)会員

団栗の転がる二段ベッドかな

Several acorns
lying in the kids’ bunk bed
forgotten

(解説)

日本語では「転がる」で放りっぱなしにされている様子が読み取れるのですが、英語のlieではそこまでの意味は出せません。それで原句では言っていない言葉forgottenを加えて英訳としました。これで句の意味が表現できたと思います。ドンクリの個数も何個にするか難しいところですが、この情景ではseveralくらいが普通でしょう。もっとも、今の子供はあまりこういうことをしないかもしれません。ドングリはacorn、二段ベッドはbunk bedです。

▲このページのトップへ戻る▲