TOEFL ITP

団体向けTOEFLテスト TOEFL ITPテスト専用Webサイト

CIEE

登録団体専用ログイン

利用目的・利用団体

グローバルスタンダードな「使える英語」の重要性、外部テストの需要の高まりを受け、大学・大学院・高等学校を中心に、TOEFL ITP® テストの利用はますます拡がっています。

 

利用団体

TOEFL ITPテストは、全国500以上の団体、約22万人の方々にご利用いただいています。

利用目的

 

大学での利用目的

TOEFL ITPテストは実際に様々な目的に利用されています。

利用目的

 

大学おける活用状況は下記でご確認ください。
 大学におけるTOEFL ITP® テストの活用状況

 

7ways you can use TOEFL ITP® in your classroom

TOEFL ITPテストの内容は、実際の教室で使われる内容に基づいた、アカデミックコンテンツです。テスト作成団体のETSはTOEFL ITPテストの使用目的として、以下の7つの項目を推奨しています。

  1. Placement in intensive English-language programs requiring academic English proficiency at a college or graduate level.
  2. Progress monitoring in English-language programs stressing academic English proficiency.
  3. Exiting English-language programs by demonstrating proficiency in English listening and reading.
  4. Admissions to short-term, non-degree programs in English-speaking countries where the sending and receiving institutions agree to use TOEFL ITP scores.
  5. Admissions to undergraduate and graduate degree programs in non-English speaking countries where English is not the dominant form of instruction.
  6. Admissions and placement in collaborative international degree programs where English-language training will be a feature of the program.
  7. Scholarship programs, as contributing documentation for academic English proficiency.