THE WORLD IS OUR CLASSROOM. JOIN US.

CIEEの海外ボランティア

  • シェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オーストラリア/ニュージーランド「チャイルドケア」

子どもたちの笑顔に囲まれながらのボランティア
英語力と人間力の向上に挑戦!

現地からの声

シドニーオフィススタッフより   

シドニーオフィスでは、初日のオリエンテーションだけでなく、参加者の滞在中のサポートやフォローを行っています。プログラム参加者の多くは海外が初めてという20歳前後の学生さん。過去に、ホームシックになって泣きながら夜日本のご家族に電話をした学生さんがいましたが、泣きながらお電話をされますと、日本のご家族が大変心配されます。

我々は、「ホームステイ先や幼稚園先でトラブルが発生しました」ですとか、「相談をしたいのですが」という申し出があった場合には、参加者との時間を大切に、またしっかりサポートしたいという想いを持っています。毎日家と幼稚園で英語漬けになるのも本人の為になりますが、出来る限りこちらのオフィスで不安や不満を吐いてもらって、楽しく充実したシドニー生活を過ごしていただきたく思っています。そのため、プログラム1週目の木曜日に一度オフィスに顔を見せるようにと促しております。

木曜日にオフィスに来ると他の週に来ている生徒様たちとも交流でき、お互いの幼稚園の状況を報告しあうことができます。もちろん、木曜にオフィスに来ていただく事自体は強制しておりませんが、参加された学生さん達からも、「みんなで集まる木曜が楽しみ!」という声を頂いております。また、なぜ木曜なのかというと、通常オーストラリアはレストランなどを除いてほとんどのお店が5時から6時には閉店します。シドニーの中心街でも、6時を過ぎるとほとんどが閉店します。(洋服店・お土産店・電気店など)しかし、毎週木曜日はショッピングデーといって、どこのお店も8時・9時まで営業しています。ですので、我々としても、木曜日に参加者に集まっていただき5時・6時までオフィスで色々な報告会を行っています。インターネットをしたい方はインターネット、お話をしたい方はお話、という具合に。6時前になると、参加者たちが揃って市内観光やお土産などの買い物に出かけ、交流を深めます。また、現地のスタッフは在オーストラリア歴が長いため、日常会話の英語の言い回しや、園児とどういう風に接すればいいかなど過去の生徒さんの経験や意見も交えつつアドバイスをしております。

シドニー
現地団体スタッフによるシドニーの紹介はこちら

オークランドオフィススタッフより

オークランドは人口が150万人を超えるニュージーランド随一の大都会です。当然そのエリアも広域にまたがっていて、地域ごとに中心街や大きなショッピングセンターが存在するため、シティ中心部に出てこなくても、生活をするのに困ることはありません。ボランティア先もこういった居住地域に点在し、シティ中心部からバスで1時間ほど離れている場合もあります。

オークランドオフィスは、オークランドのアイコンとも言えるスカイタワーのすぐそばにあります。2005年の設立以来、数多くの留学生や渡航者のお手伝いをしています。営業が月曜~金曜の10:00-18:00のため、なかなかオフィスにお越しにくいかと思いますが、何か困ったことや相談があれば遠慮なく電話でお問い合わせください。スタッフは皆さんのチャイルドケアセンターに出向き、様子を確認させていただきます。その際にも、心配事があれば遠慮なくご相談ください。

このプラグラムは、チャイルドケアセンター(幼稚園)&ホームステイ先が決まった時点で100%の形が整っています。あとは、ご自身の好奇心・探究心で120%, 200%の成果となるように頑張りましょう。未経験のチャイルドケアはもとより、異文化でのホームステイ体験は、楽しいことがある反面、理解しにくいことや、つらいこと、我慢しなくてはいけないことも多いと思います。しかし、それらを良い悪いで判断するのではなく、「ところ変われば、考え方も何もかも違うんだ。」と、“違いを楽しむ”気持ちで臨み、すべての体験を自分の成長の糧にされることを願っています。皆様のお越しを楽しみにお待ちしています。

オークランド
現地団体スタッフによるオークランドの紹介はこちら