国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部

国際ボランティアプロジェクト体験談
 PROFILE
桜美林大学 文学部 言語コミュニケーション学科 4年(参加当時)
片柳早佳(かたやなぎ さやか)さん (1)
プロジェクト実施国:
メキシコ
プロジェクト実施期間:
2006年8月23日〜9月10日
プロジェクト内容:
「ウミガメの保護」
プロジェクト参加動機:
いろんな国の人と生活でき、サバイバルな英語が身につくと思っての参加。(留学ではなかなか身につかないという経験上(笑)旅行では味わえない体験がたくさん味わえるという魅力にひかれ、なんだかんだで3回目。

基本情報
◆ワークの内容・場所等:
メキシコシティから14時間ほど離れた海沿いのCorolaという小さな村。住む場所は海を目前にした海の家。夜、ウミガメの卵を保護し、埋めなおす。  パトロールなど。
◆平日のボランティアスケジュール:
10時前後〜
早い人はこれくらいから起きだして、トイレ、水浴び、洗顔、朝食等、思い思いに過ごす。昼間:お昼ごはんを食べて、ビーチに行ったり、近くの町に行ったり、音楽聴いたり、話したり。夜ゴハンまで更に思い思いに過ごす。
22時ごろ〜 現地のボランティアと合流し、エリアごとに別れてパトロール。エリアごとに1〜4時くらいに解散し、寝る。
◆休日の過ごし方:
ちょっと遠くの街までみんなで出掛けて、ユースホステルに泊まったり、買い物したり、観光したり、ご飯食べたり。
◆参加者の国籍:
ドイツ7人(内2人カップル)
オーストリア1人
フィンランド2人(姉妹)
イギリス1人
日本人3人
リーダーはドイツ人、
サブリーダーはオーストリア人で2人とも女性。
◆宿泊施設と食事:
やしの葉と木でできた海の家。キッチン棟。トイレは簡易式。お風呂は雨水を貯めた井戸からくみ上げ  た水を使用。周りはジャングルのため、虫や爬虫類、動物が多数出現。すごくサバイバルなカンジ。食事  は各日3人程度のチームでの自炊。基本タコスだったり、パスタだったり。たまに各国料理が出ることも。
◆渡航について:
持参した金額:現金5万円、T/C2万円
実際に使った金額:現金5万円、T/C2万円
クレジットカード:使用せず
(前後に旅行で使用した金額も含む)
◆持参して役立ったもの、不要だったもの:
  【役立ったもの】
 
CD、ノート、化粧水、乳液、洗剤、プリクラ、洗濯紐、蚊帳、ベープ、うちわ、カレルー、旅の指差し会話帳
  【不要だったもの】
 
多すぎるビニール袋、べたべたす るお菓子、折り紙
 
滞在の様子
滞在の様子1 みんな意識が高い参加者ばかりだったので、楽しんでやっていました。夜、22時ごろから現地ボランティアとチームになって、日替わりでエリアに分かれてパトロールをしました。私はフィンランド人のSuviと、現地のメキシコ人1−2人のチームで仕事をしていました。流れとしては、エリアをパトロールし、ウミガメを見つけたら、卵を産んでいるか現地ボランティアが木の棒で砂の中を確認します。 産んでいたら近くで待機し、卵を産み終わったら、砂を掘り返して、卵を数えながら回収、記録し、保護区に埋めなおしに行くという作業をしました。更にウミガメの数を確認するため、脚にしるしをつけることもしました。

滞在の様子2滞在の様子3

滞在の様子4初めてウミガメが卵を産んでいるところを見た時には、苦しそうで、大変そうで、ホントに泣いてるんだぁ!と感動し、(実際は泣いてる訳じゃないく、体内の水分や塩分の調整をしているそうですが。)その後掘り出した卵はまだ温かく、これから生まれてくるんだなぁ。。と感慨深くもなりました。また、保護区から生まれてきた子ガメちゃんたちを海に放すチャンスもあったのですが、100匹近く放しても、帰ってくるのは20匹いればいい方だとか。そんな話を聞いたので、放す時は少し複雑な気持ちでしたね。


滞在の様子5滞在の様子6滞在の様子7

ちなみに、相方のSuviはスペイン語が話せ、私も少し勉強をしていたし、分からないところはSuviが英語で通訳してくれので、カメが卵を産んでいるのを待つ間、いろんな話をすることができました。 それぞれの国のことや、自分の国では何をしているか、ウミガメの話をしたり、歌を歌ったり。どこまでも広がる星空や暗い海を眺めたり。仕事というより、いろんなことを考える時間でもあったような気がしました。

滞在の様子8滞在の様子9滞在の様子10