国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部
国際ボランティアプロジェクト体験談
 PROFILE
九州大学医学部 保健学科3年(参加当時)
田口 真理子(たぐち・まりこ)さん (1)
プロジェクト実施国:
ドイツ
プロジェクト実施期間:
2005年9月4日〜9月24日
プロジェクト内容:
農作業、小学校で文化紹介
プロジェクト参加動機:
他の国の人々と生活することで、他国の文化や習慣に触れたかった。また、自分を見つめなおすチャンスだと思った。

基本情報
 
◆ワークの内容・場所等:
近隣の畑の芋ほり、草むしり、りんご摘み、牧草を集め、乾かす、芋の仕分け、小学校訪問で各国の文化紹介等
◆平日のボランティアスケジュール:
8:00- 起床
9:00-12:00 作業

12:00-13:00

昼食
13:00-15:00 作業
15:00- 夕食・自由時間
23:00 就寝
◆休日の過ごし方:
ベルリン、ドレスデンへの旅行、サイクリング、ドライブ
◆参加者の国籍:
・リーダー:ドイツ人2名
・参加者:計9名(男性2名、女性7名)
◆宿泊施設と食事:
ファームの隣にある家
台所、トイレ、シャワー、ベッドルーム2つ
食事はキッチン班が交代で自炊
◆渡航について:
持参した金額:現金5万円、T/C2万円
実際に使った金額:現金5万円、T/C2万円
クレジットカード:使用せず
(前後に旅行で使用した金額も含む)
◆持参して役立ったもの、不要だったもの:
  【役立ったもの】
 
レイルパス、ガイドブック、国際学生証、日記帳、折り紙、日本食、厚手の服、サンダル、現金
  【不要だったもの】
 
スーツケース(タイヤがこわれた)、T/C(使えない店が多かった)、不安
 
ワーク風景
 

主なワークは、芋ほり・芋の仕分けで、その他に、プルーンとり、りんごとり、馬の世話、牧草作り、草むしり、馬の世話、等々を行いました。ワークをしながら、各国の歌を教えあい、皆で歌を歌いながら、楽しく仕事を行いました。
農家の方々も大変親切で、フレンドリーな方々でした。ただ、英語が通じなかったのが残念でした。しかし、リーダーやほかにドイツ語を話せる仲間がいたので、彼らを通して、いろいろ交流できて本当に良かったです。

ワーク風景1

 
滞在の様子
滞在の様子1施設は一つの家にメンバー全員で暮らしました。寝室、キッチン、トイレ、お風呂が完備されており、大変良い環境でした。
お風呂をためることはめったになく、毎日シャワーでした。夜10時〜翌日朝6時まではお湯が使えない状態でしたが、あとは自分が好きな時にシャワーを浴びることができました。

家には庭もあり、そこでよくバドミントンやひなたぼっこを行ったり、ギター片手に歌をうたったりしていました。また、家のすぐそばに、バレーやサッカー、バスケができるくらいのコートがあり、そこでネットをはって、よくバレーをしていました。

 
滞在の様子2滞在の様子3
 食事作りは2人1組の当番制で、食事当番の人はその日はワークはお休みで、食事作り、家の掃除に専念していました。朝は主にパンとヨーグルトetc。昼・夜は各国の料理を披露しあい、おいしく楽しい時間を過ごすことができました。日本の料理として、和風パスタ、お好み焼き、シチュー、おにぎり、味噌汁などをつくりました。醤油をかなり気に入ってくれたようで、他の料理にも、彼女らは醤油を使うようになりました(笑)おいしかったレシピは、みなでその作り方を教えあいました。

滞在の様子4また、家に残っている材料(前のキャンプの人が残していったもの)などを用い、ケーキやプリンなどのスイーツも作って、大変幸せな食生活でした。食事は家の中で食べたり、庭のテーブルで、キャンドルをつけて食べたり、外でバーベキューをしたりしました。

キッチンの壁に1週間のカードをはり、食事当番の人、またその日の予定を書き込んで、その週の予定が分かりやすいようにしていました。
食事後は飲んだり、カードゲームをしたり、語ったり・・・と大変楽しい時間を過ごすことができました。